世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

八芳園

はっぽうえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
東京都港区
  • 八芳園の正門

    樹齢500年以上の盆栽も楽しめる庭園

    池泉庭園
    庭園面積 2,800坪 (大規模)
    室内からも庭園を眺められる
    ライトアップ時期あり
    特筆事項 紅葉ライトアップ
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

八芳園の由来

大正4年(1915)、久原財閥の総帥として「鉱山王」の異名をもつ久原 房之助の邸宅だった時代に庭園が整備される。「四方八方どこを見ても美しい」ことからと「八芳園」の名付ける。戦後、料亭などの経営者であった長谷敏司の所有となり、現在は(株)八芳園の運営により結婚式場やパーティ会場となる。






  • ウエディング会場として名高い八芳園

    ウエディング会場として名高い八芳園。池泉回遊式庭園は一般開放されて自由に散策できる。着物姿で水亭に佇む外国人を捉えた1枚からスタート。

  • 重ね落ちの滝

    八芳園見所のひとつ滝。いくつもの水落石(みずおちいし)を重ねて水路をつくり、水が幾筋もの滝となる「重ね落ちの滝」である。水落石:滝の段差背後にある石。表面の肌合や立て方により水の落ち方が決まる。

  • スローシャッターで流れを表現

    手持ち撮影で、スローシャッター(1/4秒)で流れを表現してみる。レンズの手ぶれ補正(3段分)をONにするがブレてしまう。Webに掲載しているサイズだと分からないが等倍でみるとブレが目立ちます。このようなシーンでは、一脚などの必要性を感じる。( NikonD850 55mm、SS1/4、f14、ISO64 )

  • 八芳園の鯉

    浅瀬で絶えず滝が流れて透明度が高い。

  • 茶室「夢庵」

    茶室「夢庵」では、前日までの電話予約で呈茶やお点前を楽しめる。一番リーズナブルな呈茶(税別1,000円)は1名から受け付けており、立礼席(りゅうれいせき)での点出し(たてだし)。これは、座敷ではなく椅子に腰掛けるスタイルで、目の前でお茶を点てるではなく、別部屋で点てたお茶を気軽に楽しめる、という意味です。

  • 丸窓越しに額縁庭園を楽しむ

    東屋「角亭」で、丸窓越しに額縁庭園を楽しむ。

  • 角亭からの額縁庭園

    同じく東屋「角亭」で、もう1枚。

  • 霞峰庵(かほうあん)

    久原財閥の総帥として「鉱山王」の異名をもつ久原 房之助の邸宅だった時代に庭園が整備され、現在の八芳園となる。その旧・久原邸より移築された「霞峰庵(かほうあん)」である。室内の見学はできない。

  • 樹齢500年を越える盆栽が展示

    八芳園は実は盆栽も見所のひとつ。樹齢500年を越える盆栽が展示されており、手前が五葉松で、奥は黒松である。見分け方は簡単・葉先がチクチクするのが黒松で、柔らかなのが五葉松。

  • 八芳園の池泉

    一息ついて撮影。パチリ

  • 室内からも庭園観賞できるスペース

    イベントで立ち入りできないこともあるが、室内からも庭園観賞できるスペースもある。エアコンが効いていて夏場や冬場に嬉しい。


総評
「重ね落ちの滝」と「樹齢500年を越える盆栽」が見所。また庭園見学だけでも駐車場が利用できるのも有り難い。(週末やイベント時などは利用不可のこともあります)
×借景にビルなどが顔を覗かせてしまう。


アクセス
東京都港区白金台1-1-1
三田線・南北線「白金台」駅 徒歩1分

駐車場
あり(無料)

開園時間
午前10時~午後10時(要確認)

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-03-28 (日) 更新日 2018-09-01


八芳園周辺の庭園

東京都庭園美術館
港区 0.8km
東京都庭園美術館
旧芝離宮恩賜庭園
港区 3.9km
旧芝離宮恩賜庭園
浜離宮恩賜庭園
中央区 4.7km
浜離宮恩賜庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




東京都の人気夜景スポット