世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

肥後細川庭園

ひごほそかわていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
東京都文京区
  • 肥後細川庭園の正門

    2017年に名称変更を受けた珍しい庭園

    池泉庭園
    庭園面積 2,000坪 (大規模)
    抹茶など頂ける
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

肥後細川庭園の由来

元は江戸幕末に肥後熊本54万石・藩主細川氏の屋敷。その後なんども所有者が変わり、昭和36年(1961)に都立公園としか開園。昭和50年(1975)に文京区へ移管。細川家時代の姿を留める日本庭園の魅力がわかる名称とすることを目的として、2017年に「新江戸川公園」から「肥後細川庭園」に名称変更。庭園は明治時代の作庭とされる。






  • 出島に添えられた雪見灯籠

    桜が咲くシーズンに「肥後細川庭園」を訪問。正門の看板が真新しいのは、2017年に「新江戸川公園」から「肥後細川庭園」に名称変更したばかりだからである。写真は出島であり雪見灯籠が添えられている。

  • 肥後細川庭園の船着石

    肥後細川庭園は斜面を活かした東屋があり、ここから出島を見下ろす。右手前にある平石は「船着石」と説明がされている。ということは、舟で庭園を楽しむ池泉舟遊式庭園をイメージして造られたのだろう。もっと、舟遊式庭園は主に平安時代での庭園の楽しみ方であったため、名残だけを残したのだろう。

  • 礼拝石

    飛び石の先には礼拝石がある。池泉庭園ではよく見られるもので、最初に庭園を見渡すビューポイントといったところである。

  • 礼拝石から庭園を眺める女性

    礼拝石から庭園を眺める妻。

  • 松聲閣(しょうせいかく)を望む

    少し昇ったところから細川家の学問所として使用されていた松聲閣(しょうせいかく)を望む。都心だけあって、借景に高層マンションが視界にはいってくる。

  • 松聲閣(しょうせいかく)

    松聲閣(しょうせいかく)を近くで撮影。2016年に改修されたこともあり、真新しさを感じる。一方、窓ガラスには明治時代の表面が波打ったものも一部残されており、これにより外の景色が揺らいでみえる。

  • 水琴窟

    松聲閣の庭もよく整備されている。右手にみえるのは手水鉢(ちょうずばち)であり、その近くには水琴窟も楽しめるようになっている。子供が喜びそうだ。

  • 松聲閣の1階

    額縁庭園を期待したが、少しイメージと違ったので、あえて引いて撮影してみる。

  • 和装女性を隠し撮り

    2階に上ってきた。パンフレットには2階からの眺めは明治28年頃に絵師・杉谷 雪樵によって描かれた「小嵐山庭園」を忍ぶ景色と記載されている。ただ、現在では住宅地が顔を覗かせてしまうので撮影を行わず、和装女性を隠し撮り・・・

  • 松聲閣2階から手水鉢

    松聲閣2階から手水鉢を見下ろす。なかなか大きな造りで立派である。


総評
滝、遣り水、洲浜、礼拝石、出島、橋など池泉庭園を構成要素がぎっしり。また、船遊式庭園を忍ばせる船着石が見られるのも面白い。
×周辺は住宅地ということもあり、庭園内から高層マンションなどが見え隠れしている。


アクセス
東京都文京区目白台1丁目1-22
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅下車 徒歩15分、都電荒川線 早稲田駅下車 徒歩5分

駐車場
なし

開園時間
2月~10月 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
11月~1月 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
休園日 12月28日~1月4日

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-03-25 (日) 更新日 2018-08-11


肥後細川庭園周辺の庭園

ホテル椿山荘東京
文京区 0.4km
ホテル椿山荘東京
目白庭園
豊島区 2.2km
目白庭園
新宿御苑
新宿区 3.0km
新宿御苑

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




東京都の人気夜景スポット