世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

十禅律院

じゅうぜんりついん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
和歌山県紀の川市
  • 十禅律院 山門

    和泉山脈を借景とした枯山水

    枯山水
    庭園面積 100坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

十禅律院の由来

天台宗寺院である十禅律院は、江戸後期(1800)に紀州藩徳川家の援助を受けて創建。






  • 枯山水「洗心庭」

    粉河寺庭園から1分ほど東方向へ歩いていくと十禅律院がみえてくる。書院からは、泉葛城山を中心とする和泉山脈を借景とした枯山水「洗心庭」を愉しめる。

  • 自然石による石橋

    サツキの刈込みに目を奪われるが、石に注目して見ていく。すると、まず目に付くのが自然石による石橋だ。太めではなく薄く上品な印象である。

  • 枯滝石組

    サツキの刈込みに囲まれたところには、枯滝石組が造られているが、植栽により詳細を把握しにくい。

  • 渓流

    立石と横石を巧みに配置し、栗石を敷いて渓流を見立てている。

  • 額縁庭園

    書院から額縁庭園を撮影。

  • 十禅律院「洗心庭」

    借景は平安時代から使われていた技法であるが、流行したのは江戸時代以降である。十禅律院の「洗心庭」も、この頃に作庭されたものあり、それほど広くない庭園に雄大な景観を生み出している。

  • 書院

    庭園を眺めるポイントは書院のみであるが、心落ち着く気持ちのいい枯山水であった。


総評
和泉山脈を借景とした枯山水。
×やや植栽が多く、枯滝石組などが見えにくくなっている。


アクセス
和歌山県紀の川市粉河2849-1
JR和歌山線「粉河」駅 徒歩15分、京奈和自動車道 紀ノ川東IC 車で15分

駐車場
あり(有料)

開園時間
午前8時~午後5時(訪問時は8時30分に開門されました)

入園料
200円

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-12-29 (日) 更新日 2019-04-14


十禅律院周辺の庭園

粉河寺庭園
紀の川市 0.1km
粉河寺庭園
根来寺
岩出市 10km
根来寺
六三園(がんこ和歌山)
和歌山市 28km
六三園(がんこ和歌山)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




和歌山県の人気夜景スポット