世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

万葉の森公園 曲水庭園

まんようのもりこうえん きょくすいていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
静岡県浜松市浜北区
  • 万葉の森公園 曲水庭園

    現存最古の日本庭園を再現

    池泉庭園
    庭園面積 600坪 (中規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

万葉の森公園 曲水庭園の由来

平成4年(1992)に開園の万葉文化を楽しめる公園。平安時代の風習であった「曲水の宴」を催せるように水を流せるように整備した曲水庭園が公園の中核をなす。






  • 曲水庭園

    万葉の森公園の魅力はなんといっても曲水庭園。このような規模の大きな曲水庭園が造られている公園は全国でも限られており、私の知る限りでは万葉公園 まほろばの園(島根県益田市)ぐらいである。

  • 浜北 万葉まつり

    毎年10月下旬に開催される「浜北 万葉まつり」では、万葉衣装を身につけた参宴者たちが「曲水庭園」に列し、曲水の宴を再現する。曲水の宴とは、平安時代の貴族が杯が自分の目の前までに流れてくるまでに詩歌を作って詠み、盃の酒を飲んで次へ流すという遊ぶ庭のことである。

  • 「平城京左京三条二坊宮跡庭園」の再現

    万葉の森公園の「曲水庭園」は、奈良市にある「平城京左京三条二坊宮跡庭園」の曲水の形状をもとに修景したものである。平城京左京三条二坊宮跡庭園は、現存最古の日本庭園として、通称「宮跡庭園」といわれる歴史的価値の高い特別史跡であり、再現庭園としても実に興味深い。

  • 川上

    先ほどの写真の川上を撮影。石も表情豊かであり、また川底まで玉石を敷き詰めているところも「平城京左京三条二坊宮跡庭園」を再現しているのも素晴らしい。

  • 大きめの玉石での洲浜

    大きめの玉石での洲浜(すはま)もみられる。洲浜:池泉の水を美しく魅せる技法である

  • 曲水の宴

    なだらかな曲線を描き、ゆったりとした流れであり、まさに「曲水の宴」を催すのに最適な造形である。また植樹された松の間隔も大きさも全てが丁度良いバランスである。


総評
現存最古の日本庭園「平城京左京三条二坊宮跡庭園」を忠実に再現した「曲水庭園」は、レプリカとはいえ注目に値する公園である。
×特に見あたらない。


アクセス
静岡県浜松市浜北区平口5051-1
東名・浜松ICから車で20分、新東名・浜松スマートIC/浜松北ICから車で15分

駐車場
有り(無料)

開園時間
公園は常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-09-16 (日) 更新日 2019-02-20


万葉の森公園 曲水庭園周辺の庭園

龍潭寺
浜松市北区 11km
龍潭寺
宝珠寺 涅槃の庭
磐田市 15km
宝珠寺 涅槃の庭
摩訶耶寺
浜松市北区 23km
摩訶耶寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




静岡県の人気夜景スポット