世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

新渓園

しんけいえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
岡山県倉敷市
  • 新渓園入り口

    倉敷美観地区で無料で寛げる邸宅庭園

    池泉庭園
    庭園面積 500坪 (中規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

新渓園の由来

明治26年(1893)、倉敷紡績の初代社長の別荘として倉敷美観地区に建設。その後一般開放された。






  • 新渓園 額縁庭園

    倉敷美観地区にある邸宅庭園。無料開放され気軽に額縁庭園を楽しめる。平日であったが紅葉シーズンということもあり、多くの観光客で賑わっていた。まずは額縁庭園を撮影。

  • 新渓園

    東西に池が伸びる池泉庭園で、重厚な護岸石組で囲まれている。また写真右下には長方形の切石を互い違いに並べた延段がみられる。

  • 新渓園 池泉

    池には中島を配していて。池泉との狭い間隔により遣水(やりみず)にもみえる。また雪見灯籠の左には洞窟石組らしき意匠がみられる。洞窟石組とは、蓬莱神仙における仙人の住むとされる神秘的な洞窟を表現したものである。

  • 新渓園 八ッ橋

    池泉にはいくつもの橋が架けられている。写真は短冊状の切石での八ッ橋になっている。八ッ橋とは橋の種類のひとつで、複数の板をジグザグにした形状を表す。由来は無量寿寺(愛知県知立市)のカキツバタの池にある八ツ橋。現在では、八枚とは限らずハナショウブの池などでよく見られる。

  • 新渓園 石橋

    こちらにも石橋が。

  • 新渓園

    日本庭園としての魅力は薄いが、倉敷美観地区で落ち着けるスポットとして重宝しそうだ。


総評
手軽に額縁庭園を楽しめる。
×日本庭園としての見所が少ない。


アクセス
岡山県倉敷市中央1-1-20
倉敷美観地区

駐車場
なし

開園時間
午前9時~午後5時
定休日 年末年始

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-11-20 (日) 更新日 2019-02-10


新渓園周辺の庭園

阿智神社
倉敷市 0.4km
阿智神社
吉備津神社
岡山市北区 12km
吉備津神社
吉備津彦神社
岡山市北区 14km
吉備津彦神社

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




岡山県の人気夜景スポット