世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
特別史跡国指定名勝

玄宮園

げんきゅうえん
美しさ ★★★
静寂さ ★★
滋賀県彦根市

玄宮園の由来

彦根城の築城約50年後となる江戸初期(1679)に作られた大名庭園。玄宮園に隣接する彦根藩の二の丸御殿でもあった楽々園と合わせて「玄宮楽々園」として、昭和26年(1951)に国指定名勝に指定された。






  • 彦根城と玄宮園

    彦根城のお堀沿いに作られた大名庭園。大名庭園とは江戸時代によって作られた庭園のことであり、一般的には規模が大きく美しく整備されているが、精細さに欠けるところも多い。一方、玄宮園は石組に力強さと繊細さを感じさせる名園である。

  • 鶴鳴渚と名付けられた鶴島

    玄宮園で最も美しいと感じたのが、魚躍沼(ぎょやくしょう)越しに眺める鶴鳴渚(かくめいなぎさ)と名付けられた鶴島である。天を突くような立石は鶴の首に見立てた鶴首石(かくしゅせき)であり、鶴島の景を引き締めている。

  • 鶴首石

    鶴首石を別角度から撮影。

  • 荒磯

    鶴島の先には荒磯(ありそ)らしき意匠がみられる。荒磯:荒々しい磯場。

  • 船小屋跡から鶴島東部を望む

    船小屋跡から鶴島東部を望む。護岸石組は巨石が使われ強さを感じる。

  • 高橋が架かる中島は亀島

    高橋が架かる中島は亀島であり、写真に赤色の▲が亀頭石となっている。

  • 亀頭石

    亀頭石を高橋から見下ろす。確かに亀の頭のようにみえる。写真下の横長石は亀脚石(ききゃくせき)だろうか。

  • 力強い護岸石組

    亀島の南部を望むと、力強い護岸石組がみられる。玄宮園で亀島はあまり注目されないが、鶴島同様に見応えある意匠だ。

  • 枯滝石と蓬莱石

    玄宮園東部の築山を望む。こちらも美しい光景であり、築山の頂には枯滝石を据え、滝下部には白砂が敷かれ蓬莱石を据えている。(それぞれ写真に▲マークを記載)蓬莱石は築山に据えることが多いが、このように水面近くに据えていることもある。有名庭園では山口市の常栄寺 雪舟庭が挙げられる。

  • 曲線を描く砂浜

    先ほどの築山を別方向から撮影。砂浜は曲線を描き、絶妙な配置で岩島や松を植樹している。また、築山の頂には枯滝石も確認できる。

  • 枯流れ

    龍臥橋の脇に枯流れが作られている。

  • 三尊石風に配置された岩島

    三尊石風に配置された岩島越しに高橋と亀島を望む。

  • 臨池閣(八景亭)

    臨池閣(八景亭)からの眺めが施設名からしてもベストビューだろう。ここから眺められないのが唯一の心残りである。


総評
大名庭園にして品格と力強さを感じさせる名園である。特に鶴島と亀島の両方共見応えあるのは珍しい。
×最も景観の美しいと思われる臨池閣(八景亭)が非公開である。


アクセス
滋賀県彦根市金亀町3
JR 「彦根」駅  徒歩15分

駐車場
無し(玄宮園正門横にあり 1日1000円)

開園時間
午前8時30分~午後5時
無休

入園料
大人 200円
小中学生 100円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-10-21 (日) 更新日 2019-10-27


玄宮園周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




滋賀県の人気夜景スポット