世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

金剛寺

こんごうじ
美しさ ★★
静寂さ ★★
大阪府河内長野市
  • 金剛寺

    杉苔庭の美しい枯山水

    池泉庭園 枯山水
    庭園面積 400坪 (小規模)
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

金剛寺の由来

真言宗小室派大本山である金剛寺は、奈良時代の僧侶・行基(ぎょうき)によって開山。庭園は室町時代に作庭され、桃山時代と江戸時代に改修された「草行山水自然形の庭園」とされる。日本遺産「中世に出逢えるまち 〜千年にわたり護られてきた中世文化遺産の宝庫〜」のひとつでもある。






  • 客殿前庭園

    日本遺産に登録された金剛寺。庭園は3ヶ所あり、写真の客殿前庭園、茶室にある庭園、奥殿にある庭園となる。室町時代の面影が残る江戸時代の庭園となる。

  • 亀島

    杉苔庭には、比較的角張った石により亀島が作られている、左の石が亀頭石と思われる。これほど苔豊かな苔庭と亀島の共演は希少で美しい。

  • 鶴島

    こちらの五葉松が鶴島となる。亀島と異なり鶴島は抽象的な表現であることが多く、そのなかでも松を鶴に見立てる庭園は時折みられる。たとえば、京都大原の実光院でもみられる。

  • 枯滝石組

    茶室横には枯滝石組が作られ、その脇の集団石組により豪壮な様子をみせている。

  • 枯滝石組

    茶室の外縁から近づいて撮影すると、奥行きのある構造になっており、滝上段の石組が躍動感を与えている。

  • 客殿西側 池泉庭園

    客殿西側には築山のある池泉庭園。やや雑然と石が組まれ、その間にサツキの刈込みがある。中央にある春日型灯籠は移動させ、刈り込みを減らし石組主体としたほうが美しいと考える。

  • 渡り廊下は茅葺き屋根

    客殿、大玄関、奥殿を繋ぐ渡り廊下は茅葺き屋根で風流である。渡り廊下途中の休憩所の下部を枯流れが横断する構造になっている。

  • 枯流れ

    休憩所から枯流れを撮影。幅広の枯流れには玉石が敷かれ、穏やかな流れを表現している。

  • 枯流れ

    そして休憩所の反対側へと枯流れが続く。

  • 奥殿 池泉庭園

    奥殿の奥には傾斜を利用した池泉庭園がある。

  • 集団石組により見応えるものにしている

    やや単調な池の形状ではあるが、護岸石組の上にある集団石組により見応えるものにしている。

  • 額縁庭園

    奥殿の室内から額縁庭園風に撮影。ぐるっと庭園を巡ってきたが、大阪では見応えのある古庭園といえる。特に客殿前庭園は、杉苔が豊かで見た目にも美しい。


総評
杉苔の美しい枯山水に亀島、亀島、枯滝石組が配置され、どれもが見応えある。
×客殿西の庭園がやや雑然としている。


アクセス
大阪府河内長野市天野町996
南海電鉄「河内長野駅」駅から南海バスで約23分 天野山下車

駐車場
有り(有料 1回500円)

開園時間
午前9時~午後4時30分

入園料
大人 400円
小学生 200円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-12-28 (日) 更新日 2020-01-11


金剛寺周辺の庭園

龍泉寺庭園
富田林市 8.3km
龍泉寺庭園
大仙公園 日本庭園
堺市堺区 15km
大仙公園 日本庭園
吉泉庭・悠泉庭(東雲公園)
泉大津市 16km
吉泉庭・悠泉庭(東雲公園)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




大阪府の人気夜景スポット