世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

正眼寺 観音像前庭

しょうげんじ かんのんぞうぜんてい
美しさ ★★
静寂さ ★★★
‎岐阜県美濃加茂市
  • 正眼寺

    岐阜県で唯一となる重森三玲の作品

    枯山水
    庭園面積 60坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

正眼寺 観音像前庭の由来

臨済宗妙心寺派の正眼寺は、江戸初期(1685)に創建。観音像前庭は、モダンな庭園造りで知られる日本庭園史の研究家・重森三玲(しげもり みれい)によって昭和43年(1968)に作庭された。






  • 重森三玲による石庭

    モダンな庭園造りで知られる日本庭園史の研究家・重森三玲(しげもり みれい)は200ヶ所近くの庭園を作庭してきたが、岐阜県で三玲の作品が見られるのは正眼寺だけである。

  • 雲形模様の乱張り

    重森三玲の作品をいくつか見学してきた方ならば、雲形模様の乱張りをみれば、それはまさに三玲の作品であることが想像つくだろう。

  • 三尊石

    意欲的な中尊石と、寝かせた横石によって組まれた三尊石。

  • 雲海に放射される無量光

    通常石組は一直線上に並べることはないが、重森三玲の庭園ではその定石を敢えて崩している。また、石組の右手に一直線のラインを描いているが、これは観音の出現により雲海に放射される無量光(むりょうこう)を表している。無量光とは、阿弥陀仏が発する希望の光のことである。

  • 天を突くような石を据えている

    重森三玲の枯山水では石を立てることが多く、天を突くような石を据えている。

  • 車窓からも庭園を見学できる珍しいタイプ

    枯山水は駐車場に隣接した場所に造られていることから、車窓からも庭園を見学できる珍しいタイプである。


総評
阿弥陀仏が発する希望の光(無量光)を表現している珍しい石庭。
×公式サイトを含め、石庭の解説がまったくなく、折角の重森三玲作庭の庭園を理解しにくく勿体ない。


アクセス
‎岐阜県美濃加茂市伊深町872-2
JR「美濃太田」駅から車で約20分

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-05-17 (日) 更新日 2019-08-17


正眼寺 観音像前庭周辺の庭園

真長寺 石庭
岐阜市 18km
真長寺 石庭
内津神社
春日井市 21km
内津神社
永保寺
多治見市 22km
永保寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




岐阜県の人気夜景スポット