世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

パンとエスプレッソと嵐山庭園

ぱんとえすぷれっそとあらしやまていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
京都府京都市右京区
  • パンとエスプレッソと嵐山庭園

    指定文化財の住宅で枯山水とカフェを愉しむ

    枯山水
    庭園面積 160坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

パンとエスプレッソと嵐山庭園の由来

京都府指定文化財の旧小林住宅を、2019年7月に「パンとエスプレッソと嵐山庭園」として改築オープン。小林家は江戸後期(1808)に建築され、昭和57年に現在地に移築復元された江戸時代後期の典型的な農家の住居である。






  • 旧小林住宅を改築

    パン消費日本一の京都にて、令和元年にオープンした「パンとエスプレッソと」の新店舗。2020年現在で「パンとエスプレッソと」と名が付く直営店は7店舗で、「パンエス」とも略される。そのなかで、京都府指定文化財の旧小林住宅を改築して「庭園」に主題をおいた店舗である。

  • 苔庭には半島のような曲線

    2020年9月とコロナの影響で、週末でも京都の観光客もまだ少ないなか、ランチ時間帯に訪問すると10組ほど順番待ちしている繁盛ぶり。旧小林住宅を取り囲むように枯山水が造られており、苔庭には半島のような曲線を描き、青と白の小石で彩りを豊かにしている。

  • 景石でアクセント

    苔庭には巨石による景石でアクセントを付けている。

  • 枯山水

    ウエイティング場の縁側から枯山水を撮影。白砂とタイル上の切石は大海、そして苔で島に見立てているのだろう。

  • 枯山水 苔島

    降水の少ないシーズンであったが、苔は青々しており十分に手入れされていることが分かる。

  • 枯山水

    苔築山、青石に流れ、そして大きめの栗石と三層構造になっている。築山に据えた石組も品格を感じさせるものだ。

  • 巨峰のフルーツサンド

    巨峰のフルーツサンドを注文してみる。(ドリンク付きで1200円)生クリームは当然のごとく甘さ控えめで、フルーツの甘みを引き出している。ただ冷たい珈琲が「アメリカン」のみであるのが残念でならない。エスプレッソを謳う店舗であれば、濃いめのアイス珈琲も用意して欲しかった(笑)


総評
苔の野筋と白砂のコントラストが美しく、美味しいパンも頂ける。庭園好きの嵐山での休憩スポットとしては最適だろう。また営業時間であれば、入店せずとも庭園の見学は自由にできる配慮も嬉しい。
×特に見当たらない。


アクセス
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45-15
嵐山本線「嵐山」駅 徒歩約5分、JR「嵯峨野嵐山」駅 徒歩12分、阪急「嵐山」駅 徒歩約15分

駐車場

開園時間
午前8時~午後6時

無休

入園料
無料(営業時間帯であれば、飲食の利用なくとも見学可)

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-09-04 (金) 更新日 2020-10-03


パンとエスプレッソと嵐山庭園周辺の庭園

宝厳院 獅子吼の庭
京都市右京区 0.1km
宝厳院 獅子吼の庭
天龍寺 曹源池庭園
京都市右京区 0.2km
天龍寺 曹源池庭園
弘源寺 虎嘯の庭
京都市右京区 0.2km
弘源寺 虎嘯の庭

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




京都府の人気夜景スポット