世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

八浄寺

はちじょうじ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
兵庫県淡路市
  • 八浄寺

    中国庭園で馴染みの太湖石を見学できる

    枯山水
    庭園面積 15坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

八浄寺の由来

淡路島七福神めぐりのひとつで大黒天を祀る寺院。創建は室町時代と伝わる。庫裏にある枯山水は「昭和の小堀遠州」と称えられた作庭家・中根金作(なかね きんさく)が創設した中根庭園研究所の監修のもと、平成13年(2001)に造られた。






  • 庫裏庭園

    淡路島七福神めぐりのひとつである「八浄寺」には、本堂東側に枯山水がある。特に案内板などはなく、意識して見つけようとしないと気づかない場所にある。

  • 中根庭園研究所

    こちらの枯山水は、なんと中根庭園研究所によって設計・施工されている。創設者は中根金作で、 足立美術館(島根県安来市)の庭園を作庭したことで知られる昭和の有名な作庭家である。

  • 舟石

    大河に見立てた白砂には、舟石とみられる横石を配しており、不老不死の妙薬のある蓬莱山へ向かっている構図にみえる。ただ、手前の富士山のような築山か、奥の石組のどちらが蓬莱山になっているか分からない。ちなみに富士山のような築山は人工芝で覆われている。おそらく近年改修されたものだと思うが、やや興ざめなところだ。

  • 太湖石

    八浄寺では境内で七福神めぐりができるようになっているが、注目したいのは白亜の太湖石(たいこせき)だ。太湖石とは、中国庭園で必ず見られる凹凸のある石灰石である。中国では人気が高く、日本同様に神や気が宿るとされる。中国四名園の首位に君臨する拙政園(蘇州)の記事にて、本場の太湖石を見て欲しい。

  • 枯滝石組

    境内の隅に枯滝石組を見つけるが、木々が植樹され折角の枯滝石組の魅力が失われている。


総評
中根庭園研究所の監修・施工された枯山水と、中国庭園で必ず見られる太湖石を見学できる。
×枯山水の築山が人工芝で覆われ、また枯滝石組のある築山に木々により本来の魅力が半減している。


アクセス
兵庫県淡路市佐野834
神戸淡路鳴門道・東浦ICより約15分

駐車場

開園時間
日中

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-27 (水) 更新日 2020-05-31


八浄寺周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




兵庫県の人気夜景スポット