世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

比曽寺(比曾寺)

ひそじ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
兵庫県豊岡市
  • 比曽寺 入口

    明治時代に作庭された力強い枯滝石組

    池泉庭園
    庭園面積 50坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

比曽寺(比曾寺)の由来

創建は奈良時代(732)と伝わる真言宗寺院である。明治4年に現在地に移転し、明治20年(1887)に出石仙石家のお抱えの庭師だった朝山半六によって作庭。






  • 本堂

    書院前の池泉庭園と階段上には本堂が置かれた比曽寺。観光客とすれ違うことがないようなひっそりした田舎であり、町の方には車のナンバーをみて「横浜から来たの?」と不思議がられる状況であった。

  • 明治時代に作庭された池泉庭園

    書院前には明治時代に作庭された池泉庭園があり、傾斜を利用して枯滝石組を造っている。

  • 甌穴(おうけつ)

    明治時代とは思えない豪壮な枯滝石組である。そう感じさせるのは石の力強さだ。この石は川で採取された川石であり、窪みに小石が入り込み、川の流れで小石が回転して削れていき、球体の窪みが生まれる。この窪みは甌穴(おうけつ)と呼ばれ、表情豊かな力強い石となっている。

  • 離れ落ちの形式

    立石を中心とした意欲的な枯滝石組は、頂部付近にベロのように斜め水平に平石が突き出て、水が岩肌を滑り落ちない「離れ落ち」の形式である。

  • ベロ出しの板石

    ベロ出しの板石。滝添石の力強さも見て取れる。

  • 枯滝石組

    正面から枯滝石組を撮影すると、2段落としの離れ落ち形式になっている。

  • 出島

    出島と枯滝石組を撮影。

  • 池泉の形状

    斜面上から池泉の形状を撮影。


総評
明治時代とは思えない力強い枯滝石組が魅力的である。
×特に見当たらない。


アクセス
兵庫県豊岡市日高町頃垣554
JR「江原」駅から東河内行きバスで12分 バス停「石井」下車 徒歩5分

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-12-08 (火) 更新日 2021-07-18

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治(1887年)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


比曽寺(比曾寺)周辺の庭園

隆国寺
豊岡市 2.9km
隆国寺
頼光寺
豊岡市 9.6km
頼光寺
出石城 本丸跡庭園
豊岡市 18km
出石城 本丸跡庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




兵庫県の人気夜景スポット