世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

旧本郷家住宅

きゅうほんごうけじゅうたく
美しさ ★★
静寂さ ★★
秋田県大仙市
  • 角間川・川のまち歴史交流の杜 管理棟

    3つの邸宅庭園を回遊できる無料スポット

    枯山水
    庭園面積 400坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

旧本郷家住宅の由来

「角間川・川のまち歴史交流の杜」に明治期の秋田三大地主である本郷家の住宅、および旧北島家住宅、旧荒川家住宅の計3つの邸宅庭園が開放されている。建物は江戸末期から昭和初期のもので、庭園のメインは旧本郷家住宅となり、日本初の公園デザイナーでもある長岡安平によって大正11年(1922)に設計された。






  • 旧本郷家住宅

    隣町の坂本東嶽邸同様に余り期待することなく訪問した邸宅庭園。ひとつの敷地に3つの地主の邸宅が並ぶ。その最大が秋田県の三大地主である旧本郷家住宅である。和室の足を踏み入れると2面に広がる苔庭と枯流れに心躍らされる。

  • 旧本郷家住宅

    奥にある工場がやや気になるが、それでもなお美しい。

  • 旧本郷家住宅

    枯池には大きな石を隙間なく敷き詰め、蛇行するように枯流れを成している。

  • 旧本郷家住宅 枯滝石組

    枯池は枯滝石組から続いているが、少々分かりにくいので、写真に青線で線を引いた。

  • 旧本郷家住宅 枯滝石組

    庭園は散策することができるので、枯滝石組に近づいてみる。立石による滝石がみえるが刈り込みで視界を遮られているのが残念。

  • 旧本郷家住宅 枯滝石組

    裏側に回ってみると、このような三尊石風に組まれた枯滝石組になっている。

  • 旧本郷家住宅

    枯流れと旧本郷家住宅を撮影。設計図には庭園は右手にもずっと広がりをみせているが、昭和初期の恐慌などにより未完となっている。

  • 旧本郷家住宅

    住宅東側の細長い庭園。

  • 旧本郷家住宅

    球体の石を置いた例を見ない石組だ。

  • 旧北島氏庭園

    続いて隣接する旧北島氏庭園へ。

  • 旧北島氏庭園

    こちらも平地であるが、石組などはほぼなく単調なものだ。

  • 旧荒川家住宅

    最後に旧荒川家住宅へ。

  • 旧荒川家住宅

    邸宅は管理棟としても使われており、観光客が休憩するスペースも用意されている。特段、見応えのある石組などは見つからなかったが、休憩スペースはスタイリッシュで良い。


総評
旧本郷家住宅の枯流れが美しい。室内からの観賞もできるので、雨天に訪問してみても苔が美しく良いだろう。
×枯滝石組周辺の刈込みにより滝石が一部死角になっている。


アクセス
秋田県大仙市角間川町字西中上町19
JR「大曲」駅 車で約15分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-09-18 (土) 更新日 2021-09-24

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は大正(1922)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
はい。充分に楽しめます。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


旧本郷家住宅周辺の庭園

旧池田氏庭園
大仙市 6.6km
旧池田氏庭園
払田分家庭園
大仙市 9.7km
払田分家庭園
坂本東嶽邸
仙北郡美郷町 15km
坂本東嶽邸

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




秋田県の人気夜景スポット