世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

本陣 岩波家

ほんじん いわなみけ
美しさ ★★
静寂さ ★★
諏訪郡下諏訪町
  • 本陣 岩波家の正門

    明治天皇もご宿泊された中山道随一の名園

    池泉庭園
    庭園面積 230坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

本陣 岩波家の由来

「本陣」とは大名や役人などが主に宿泊する施設で、現代でいうところの高級旅館にあたる。岩波家は江戸時代に下諏訪宿の本陣を務めた名家で、明治天皇もご宿泊。「本陣庭園」と呼ばれる庭園は中山道随一の名園と称され、江戸中期に作庭されたといわれる。






  • 岩波家の書院

    「本陣」とは大名や役人などが主に宿泊する施設で、現代での高級旅館にあたる。般の旅籠屋と違い、門や書院を設けることを特権として許されていたこともあり、このような書院から庭園を楽しめる。昔はいろいろ制約のあったのですね。。。

  • 毛氈と庭園

  • ガイドの方が庭園や邸宅について説明

    ガイドの方が庭園や邸宅について説明してくれる。

  • 礼拝石

    灯籠の手間には平べったい大きな石があり、これは礼拝石である。池泉庭園ではよく見られるもので、最初に庭園を見渡すビューポイントといったところである。

  • 丸雪見灯籠

    庭園には傘を広げたような雪見灯籠が添えられる。雪見灯籠は、水際に設置して水面を照らすため使われる。ちなみに傘にみえる部分が丸型なので「丸雪見灯籠」として区別される。他には六角形の「六角雪見灯籠」がある。

  • 滝石組

    池の奥には滝石組もあるようだが、暗くて滝を眺める水しか確認できなかった。ということで・・・

  • 滝部分を拡大して、暗い部分を画像処理明るく仕上げてみた

    滝部分を拡大して、暗い部分を画像処理で強制的に明るく仕上げてみた。(RAW画像をAdobe Lightroomで処理)高さはある滝石組であるが、江戸中期の作庭であり、力強さは感じられないかな。ただ、こんな風に目では見えない要素を画像処理で確認できるのは実に面白い。


総評
コンパクトな敷地内は、植栽に囲まれていることもあり気持ちよい空間である。また2方向のW額縁庭園が楽しめるので撮影も楽しい。
×植栽により石組が隠れているところが多いのが惜しい。


アクセス
長野県諏訪郡下諏訪町横町3492
岡谷ICから約20分 JR中央本線下諏訪駅から徒歩約15分

駐車場
諏訪大社の駐車場を利用(無料)

開園時間
午前9時~午後6時(11月から3月は午後5時まで)
不定休

入園料
大人500円
子供300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-05-26 (日) 更新日 2018-08-11


本陣 岩波家周辺の庭園

慈雲寺
諏訪郡下諏訪町 0.9km
慈雲寺
地蔵寺庭園
諏訪市 5.5km
地蔵寺庭園
佛法紹隆寺
諏訪市 8.1km
佛法紹隆寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




長野県の人気夜景スポット