世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

桂國寺庭園

けいこくじていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
徳島県阿南市
  • 桂國寺

    桃山時代らしい豪壮な石組を楽しめる

    池泉庭園
    庭園面積 100坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

桂國寺庭園の由来

桂國寺は室町時代(1413)に創建した曹洞宗の寺院。本堂裏の庭園は、安土桃山から江戸時代の大名であり、千利休と師弟関係をもつ茶人としても知られる作庭家・上田宗箇(うえだ そうこ)によって作庭。後に、日本庭園研究会会長も努める作庭家・吉河功にて平成初期に再整備された。






  • 桂國寺庭園

    阿南市にある知られざる名庭園が、ここ桂國寺庭園である。千利休と師弟関係をもつ茶人としても知られる作庭家・上田宗箇にて作庭された池泉庭園は本堂裏にある。

  • 枯滝

    「古庭園の観賞と作庭手法(著:吉田徳治)」によると、山麓に露出している岩盤を石組や枯滝としている。具体的にどの部分が枯滝であるか不明であるが、恐らく岩盤全体を滝に見立てているのではないだろうか。

  • 池泉は護岸石組で取り囲まれている

    池泉西部から撮影。池泉は護岸石組で取り囲まれ、僅かに出島を造っている。

  • 岩島

    池泉には岩島を配しておき、岩島に向かって3石の沢飛石が連なっている。蓬莱山へ向かう舟石にも見えなくないが、恐らく的外れだろう。

  • 桃山時代らしい豪壮な石組

    書面には集団石組を組み、桃山時代らしい豪壮な石組である。

  • 亀島

    池泉東部には亀島らしき中島がみられる。中島には中心石を配しており、こちらも護岸石組で囲まれている。

  • 中島から池泉を望む。

    中島から池泉を望む。

  • 山麓付近から撮影

    山麓付近から撮影。これほどの名園にもかかわらず、本堂には申し訳ない程度の窓しかないのが不思議なぐらいだ。

  • 急峻な山麓であることが分かるように撮影

    急峻な山麓であることが分かるように撮影。車以外ではアプローチしにくい場所であるが、古庭園好きなから一度は訪問してみたい名園だろう。


総評
急峻な山麓を活かして、岩盤と石組で枯滝石組を表現しており、桃山時代を感じさせる力強い石組を楽しめる。
×特に見当たらない。


アクセス
徳島県阿南市長生町寺ノ前34
JR「阿南」駅から車で15分、JR「徳島」駅から車で45分

駐車場
有り(無料、但し道幅が狭いため桑野川に架かる橋を越えたあとに少し広いスペースがあるため、ここに停車させて徒歩が良い。徒歩は約3分)

開園時間
日中

入園料
志納

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-26 (火) 更新日 2020-07-05


桂國寺庭園周辺の庭園

旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)
徳島市 20km
旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)
阿波十郎兵衛屋敷 鶴亀の庭
徳島市 21km
阿波十郎兵衛屋敷 鶴亀の庭
萬勝寺
南あわじ市 37km
萬勝寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示



徳島県の人気夜景スポット