世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

南昌荘

なんしょうそう
美しさ ★★
静寂さ ★★
岩手県盛岡市
  • 南昌荘 玄関

    額縁庭園を眺めながらカフェできる

    池泉庭園
    庭園面積 500坪 (中規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    ライトアップ時期あり
    雨でも十分に楽しめる
    特筆事項 紅葉時期のライトアップ
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

南昌荘の由来

南昌荘は、盛岡出身の実業家・瀬川安五郎が明治18年(1885)に邸宅として建築。大手マンション業者に買収危機にあったが、昭和62年に生協組合が共有財産として買い取り、平成12年(2000)より一般公開されるようになる。






  • 中二階の「南昌の間」

    盛岡市の庭園では、盛岡中央公民館にある旧南部氏別邸庭園と並ぶ知られたスポットである。広々とした中二階の「南昌の間」には、ソファイスが沢山あり寛げる空間になっている。

  • 芝庭の日本庭園

    明治時代には芝庭の日本庭園が造られるようになり、こちらもその影響をうけたものである。池泉は東西にあり、2つは水路で繋がっている。

  • アーチ状の小さな石橋

    2つの池泉を繋ぐ水路には、アーチ状の小さな石橋が架けられ、石橋付近の護岸石組は小振りながらもしっかりとしている。

  • 石橋越しに中二階の「南昌の間」を撮影

    石橋越しに中二階の「南昌の間」を撮影。

  • 東側の池泉

    東側の池泉を撮影。奥に石橋があり近づいて撮影すると

  • 切石

    3つの切石で繋がり、支え石によって互い違いに連結されている。

  • 西側の池泉

    西側の池泉。護岸石組は薄く特徴的な要素はみられなかった。

  • 松鶴の間

    「松鶴の間」から額縁庭園を撮影。

  • 水月の間

    「水月の間」から額縁庭園を撮影。南昌荘は額縁庭園を撮影できるポイントが多く、室内から十分に庭園を楽しめる施設である。


総評
屋敷の4つの書院から庭園を楽しめ、それぞれにソファイスが用意されているため、観光での休憩スポットとしても利用価値が高い。
×紅葉時期以外だと庭園は単調さを感じさせる。木々でうっそうとしているところが多く、十分に庭園回遊を楽しめなかった。


アクセス
岩手県盛岡市清水町13-46
東北道・盛岡ICより約10分、JR「盛岡」駅から盛岡南部都心循環バスで南昌荘入口 下車徒歩3分

駐車場
有り(無料)

開園時間
4〜11月 午前10時~午後5時
12〜3月 午前10時~午後4時

休館日:毎週月火曜日(祝日/振り替え休日の場合翌日又は翌々日)、年末年始

入園料
大人 200円
小中学生 100円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-09-19 (土) 更新日 2020-09-26


南昌荘周辺の庭園

法泉寺
盛岡市 2.4km
法泉寺
柳之御所遺跡
西磐井郡平泉町 78km
柳之御所遺跡
無量光院跡
西磐井郡平泉町 78km
無量光院跡

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




岩手県の人気夜景スポット