世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

楽寿園

らくじゅえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
静岡県三島市

楽寿園の由来

楽寿園は、明治維新や戊辰戦争で活躍した小松宮彰仁親王(こまつのみや あきひとしんのう)が、明治23年(1890)に別邸として造営したものである。昭和27年(1952)より市立公園となり、平成24年(2012) には 伊豆半島ジオパークのジオサイトとして指定された。






  • 三島駅からとほ1分のところにある楽寿園

    新幹線停車駅の三島駅から徒歩1分という利便性に恵まれたる楽寿園は、庭園以外にも蒸気機関車やどうぶつ広場がある総合公園。小浜池は降水量によって推移が大きく変動する池泉で、近年渇水傾向であり訪問時の推移は21cm。ちなみに2019年2月から6月は毎日マイナス水位であった。

  • 小浜池の満水時

    満水時はこのような池泉庭園となる。水位150cm以上で満水と呼び、近年では平成23年(2011)に満水とのこと。既に8年も満水になっていないということになる。写真は園内に掲載されていた写真である。

  • 渇水時の池泉庭園

    満水時の池泉庭園は楽寿館が水面に反射して美しいが、渇水状態の池泉庭園は、まるで巨大な枯山水のようで面白いものである。

  • 4つの中島

    小浜池には4つの中島が作られている。

  • 石灯篭のある中島の護岸石組

    石灯篭のある中島の護岸石組をみると、満水時の水位が分かる。

  • 小浜池 水位21cm

    訪問時の水位21cmとは、ここのことであろうか。

  • 三島の湧水により美しい池泉が浮かび上がる

    この日は地域の方と思われる方が、池泉の草木やゴミを除去するなどの整備しておられた。このような努力により、三島の湧水により美しい池泉が浮かび上がるのだろう。

  • 鞍馬燈篭

    鞍馬石(くらまいし)で作られた貴重な鞍馬燈篭。鞍馬石とはその名の通り、京都市北部の鞍馬山でマグマによってできた石であり、現在では採取は禁止された「幻の銘石」といわれる。鞍馬石は風化して表面が剥離して、鉄さび色であることが特徴。この表面が程より「さび」が「侘び寂び」に通じることから、庭石や沓脱石(くつぬぎいし)や燈篭で使われることが多い。販売価格は中型の靴脱石で80万円ほどするようだ。

  • 三島溶岩

    ジオパークに指定されている楽寿園なので、三島溶岩も見学。

  • 溶岩塚

    溶岩塚は、自然が作り出した石組が石が苔むし、力強さのなかに気品があり美しい。


総評
降水状況などによって数位が大きく変動する珍しい池泉庭園。
×敷地面積の割りには日本庭園としての見所は少ない。


アクセス
静岡県三島市一番町19-3
三島駅徒歩1分

駐車場
有り(有料)

開園時間
4~10月 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
11~3月 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)

休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

入園料
300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-08-03 (日) 更新日 2019-08-18


楽寿園周辺の庭園

隆泉苑(佐野美術館)
三島市 1.2km
隆泉苑(佐野美術館)
沼津御用邸 東附属邸
沼津市 7.4km
沼津御用邸 東附属邸
箱根美術館
箱根町 20km
箱根美術館

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




静岡県の人気夜景スポット