世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

泉涌寺 御座所庭園

せんにゅうじ ござしょていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
京都府京都市東山区
  • 泉涌寺本坊 大門

    皇族参拝の休憩所から眺める庭園

    池泉庭園
    庭園面積 坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

泉涌寺 御座所庭園の由来

鎌倉時代に創建された真言宗泉涌寺派の総本山。江戸時代の後水尾天皇以降幕末までの歴代天皇・皇族の墓があり、皇室の菩提寺として御寺(みてら)とも呼ばれる。御座所は皇族のご参拝時における休憩所として江戸時代に造られ、御座所庭園も同時期に作庭。






  • 御座所庭園

    泉涌寺の本坊にある御座所から庭園を眺める。泉涌寺周辺には5つの庭園があり、そのうち2ヶ所は泉涌寺境内にある。伽藍拝観(500円)で境内に入り、さらに特別拝観(300円)で本坊に入ることで見学できる。もう1ヶ所は楊貴妃観音像の枯山水であり、こちらは伽藍拝観のみで見学可能。

  • 刈込みや植栽は排除したい

    白砂と池泉の間にある刈込みや植栽は排除したほうが、池泉の形状や後述する池泉に浮かぶ結界石の存在が強まり、庭園の美しさをより引き立つと思った。

  • 縁側から池泉に向かって飛石が続く

    縁側から池泉に向かって飛石が続く。

  • 結界石のような役割

    飛石の先は池泉で行き止まり。その先には池中立石のような鋭利な立石があり、これは人間が渡ることができない結界石のような役割を果たしている。つまり築山を神域として見立てている。

  • 霊明殿

    白砂は大海と大河を表現。奥に見える建物は明治17年に再建された宸殿(しんでん)風の建物で、歴代天皇の位牌を祀っている。

  • 額縁庭園

    王座の間から額縁庭園を撮影。室内は撮影禁止であるため庭園のみの撮影となる。

  • 5石組

    右手の野筋には、三角形のような位置関係の石組があるが、よく観察すると伏石などもあり5石組だ。左手の苔庭には舟石のような石を据え、大河へ向かうようなシーンを見立てているのだろうか。


総評
大河と大海を表現した白砂と池泉の地割りが美しい。
×池泉手前の刈込みにより池泉の美しさを、やや損なっている。


アクセス
京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
市バス「泉涌寺道」 徒歩10分、JR・京阪「東福寺」駅 徒歩20分

駐車場

開園時間
午前9時~午後5時
冬期 午後4時30分まで

入園料
伽藍拝観 500円+特別拝観 300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-09-05 (土) 更新日 2020-09-13


泉涌寺 御座所庭園周辺の庭園

即宗院 月輪殿庭園
京都市東山区 0.7km
即宗院 月輪殿庭園
龍吟庵
京都市東山区 0.7km
龍吟庵
東福寺 本坊庭園(八相の庭)
京都市東山区 0.8km
東福寺 本坊庭園(八相の庭)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




京都府の人気夜景スポット