世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

旧関山宝蔵院庭園

きゅうせきやまほうぞういんていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
新潟県妙高市

旧関山宝蔵院庭園の由来

江戸時代に将軍家の庇護を受け、神社を守る名目で宝蔵院が造られた。明治元年(1868)に神仏分離政策によって廃寺。庭園は室町時代の連歌師・宗祇(そうぎ)が、1478年に本地で連歌会を開いた際、庭園を賛美したと伝えられることより室町時代に作られた庭園と推測。






  • 旧関山宝蔵院庭園

    国指定名勝の庭園でも、かなりマイナーな部類に入ると思われる「旧関山宝蔵院庭園」に訪れてみた。誰もいないだろうと思ったが、連休ということもあり2組ほど観光客がいた。まずは、滝石組みを撮影。

  • 滝石組みの借景に妙高山と素晴らしいロケーション

    雲で見えないが、雲の奥には妙高山が控える。滝石組みの借景に妙高山という素晴らしいロケーション。

  • 滝石組みの上部に上ってみる

    滝石組みの上部に上ってみる。滝口が分かりやすいように、写真に赤色の▲マークを記した。

  • 滝の落差は5m

    実はかなり傾斜のついた滝口であり、高さは5m。2015年から庭園復元作業が行われ、2016年には「滝石組み」の復元工事が終わり一般公開。復元工事は現在も続いている。

  • 旧関山宝蔵院庭園の亀島

    池泉跡には亀島が再現されている。上からみると亀の形になっていることがわかる。(亀島を赤線で囲んであります)


総評
高さ5mの滝石組みは圧巻。借景に妙高山が見えている日に改めて訪れたいと思った。
×国指定名勝だが、一般受けしない庭園マニア向けである。池泉に水が張られ、滝が流れている姿を見てみたい。


アクセス
新潟県妙高市関山4808
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン「関山駅」よりバスで5分、または徒歩で15分
上信越自動車道「妙高高原IC」または「中郷IC」より車で10分

駐車場
あり(無料)

開園時間
終日開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-07-15 (日) 更新日 2018-09-02


旧関山宝蔵院庭園周辺の庭園

袋屋清左衛門邸「楳装園」
中野市 27km
袋屋清左衛門邸「楳装園」
高梨氏館跡
中野市 28km
高梨氏館跡
玉翠園
糸魚川市 39km
玉翠園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




新潟県の人気夜景スポット