世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

心蓮社庭園

しんれんしゃていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
石川県金沢市
  • 心蓮社 山門

    金沢の知られざる古庭園

    池泉庭園
    庭園面積 250坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

心蓮社庭園の由来

心蓮社は江戸初期(1612)の開山した浄土宗寺院。庭園は江戸初期のものとされ、平成元年に市指定名勝の庭園となる。






  • めでた造りと呼ばれる遠州流庭園

    金沢市内にある江戸初期に作庭された池泉庭園は案内板には「めでた造りと呼ばれる遠州流庭園」と記載されている。遠州流とは、徳川家康に仕えた大名でもあり、千利休に師事した茶人としても知られる庭園デザイナー・小堀遠州(こぼりえんしゅう)のことである。それでは、「めでた造り」とはなんだろう。

  • めでた造り

    初代住職の資料によると、「めでた造り」は桃山時代を摸した庭園であり、池の汀(みぎわ)には常緑低木のツゲを池の中にはわせ鶴をかたどり、岸辺のツツジは亀をかたどって植込んでいるとのこと。植栽は永年ではないため、現在ではその様子は感じとれない。

  • 枯滝石組

    本庭園は下段が池泉となった上下二段式庭園であり、山畔の斜面には枯滝石組を造っている。

  • 枯滝石組

    滝上段は三尊石(赤マーカーで囲まれた石組)で、青マーカーで滝石組が造られ池泉へと繋がっている。石は丸みを帯びた強さを感じないものだ。

  • 上下二段式庭園

    池泉北部から眺めると、上下二段式庭園であることが分かりやすいだろう。

  • 上段の庭園

    左手には上段の庭園となり、奥には先ほどの枯滝石組がある。

  • 厳かな雰囲気

    庭園の場所も分かりにくく、金沢で観光客が殆ど訪れない庭園であるが、厳かな雰囲気が漂う。

  • 庭園の行き方

    庭園の場所がとても分かりにくいので、最後に庭園への行き方を紹介。まずは山門を潜り右手に進む。

  • 庭園の行き方

    すると墓地へ繋がる歩道があり、屈まないと進めないようなトンネルを抜けると、その先に庭園がある。


総評
金沢の知られざる古庭園。厳かな雰囲気のなか苔付いた枯滝石組が美しい。
×庭園の場所が分かりにくいので案内板が欲しい。


アクセス
石川県金沢市山の上町4-11
北鉄バス・西日本JRバス「森山」バス停 徒歩2分、ひがし茶屋町から徒歩10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
日中

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-10-10 (土) 更新日 2020-10-20


心蓮社庭園周辺の庭園

西田家庭園 玉泉園
金沢市 1.6km
西田家庭園 玉泉園
兼六園
金沢市 1.7km
兼六園
成巽閣
金沢市 1.9km
成巽閣

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




石川県の人気夜景スポット