世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

松寿院

しょうじゅいん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
静岡県浜松市
  • 松寿院 山門

    齋藤忠一が手掛けた枯山水

    枯山水
    庭園面積 130坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

松寿院の由来

松寿院は臨済宗の寺院である。境内の枯山水は重森三玲に師事していた齋藤忠一(ただかず)氏と地元の造園会社「五常園」にて作庭された。






  • 重森三玲の系統である庭園かな

    多くの日本庭園を巡ってきていると、「重森三玲の系統である庭園かな」と感じることがある。こちらは東福寺 本坊庭園(京都)に似ているのでそう思った。後日調べてみると、重森三玲に師事していた齋藤忠一氏が携わっていることが判明した。

  • 亀石組

    意欲的に石を立てるのは重森三玲の特長であり、こちらは亀石組だろう。

  • 四仙島

    東福寺 本坊庭園に似ている石組。東福寺 本坊庭園では。仙人の住む島となる四仙島を表現した石組であるが、私はどうしてもトビウオを想像してしまう。

  • 亀石組

    亀石組を鑑賞点ではない別角度から撮影。

  • 三尊石

    三尊石で四仙島のひとつを表しているのだろうか。

  • 色合いの異なる石組

    少し離れた場所にも、色合いの異なる石組がみられる。

  • 枯滝石組

    枯滝石組から枯池に滝水が注ぎ込まれる枯山水。ただ、不釣り合いな石灯籠が置かれたことでバランスを壊している。さらに護岸石組の手前の植栽が護岸石組を弱めており、除去もしくは低く刈り込みたくなる。

  • 枯滝石組

    枯滝石組の周辺も植栽で弱まっているので、この植栽も除去することで本来の美しい枯山水が蘇る。


総評
浜松市の街中にある寺院で、重森三玲の石組手法を感じさせる枯山水を手軽に見学できる。
×枯山水に置かれた石灯籠を除去したい。


アクセス
静岡県浜松市中区曳馬4丁目8−8
遠州鉄道「曳馬」駅 徒歩8分

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-02-11 (木) 更新日 2021-10-16

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は平成です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


松寿院周辺の庭園

松韻亭
浜松市中区 2.8km
松韻亭
浜松城公園 日本庭園
浜松市中区 2.9km
浜松城公園 日本庭園
龍雲寺
浜松市西区 7.0km
龍雲寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




静岡県の人気夜景スポット