世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

玉藻公園 披雲閣庭園

たまもこうえん ひえんかくていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
香川県高松市
  • 高松城 艮櫓

    重厚感ある飛石と刈込みの苑路が見どころ

    枯山水 / 国指定名勝
    庭園面積 2,500坪 (大規模)
    ライトアップ時期あり
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

玉藻公園 披雲閣庭園の由来

高松松平家・第12代当主の松平頼壽(よりなが)にて再建された「披雲閣」。披雲閣庭園は、再建時期と同時期となる大正6年(1903)に内苑御庭として東京の庭師・大胡勘蔵(おおこかんぞう)によって作庭。平成25年(2013)に国指定名勝となる。






  • 披雲閣庭園 入り口

    高松駅に隣接した場所にある玉藻公園には、無料で利用できる駐車場もある。園内の披雲閣庭園を散策してみよう。

  • 披雲閣庭園

    大正時代に貴族(華族)の別邸として再建された披雲閣。その邸宅庭園が披雲閣庭園であり、巨石の平石による飛び石がインパクトある。

  • 枯山水

    様式は枯山水となっており、玉石を敷いた枯流れから、白砂が敷かれた川へと流れ込み、石の大きさで流れの勢いに変化を付けているようにみられる。

  • 舟石ら

    白砂には舟石らしき石も据えている。

  • 三尊石

    三尊石。右の茶色石は2石にみえるが1石である。なかなか面白いシルエットだ。

  • 花崗岩を用いた飛石

    花崗岩を用いた飛石。その両側には高さと形状の異なる刈込みが連なっており、披雲閣庭園で最も優れた意匠であると感じたポイントだ。

  • 銀閣寺形手水鉢

    銀閣寺形手水鉢。慈照寺(銀閣寺)にあるものと、若干デザインが異なり、また大きさはこちらのほうが2倍ほど大きい。

  • 天守閣跡から飛雲閣を眺める

    天守閣跡から飛雲閣を眺める。


総評
厚みと大きさで重厚感のある飛石と刈込みの光景が美しい。
×日本庭園としては大味なところがある。


アクセス
香川県高松市玉藻町2-1
JR「高松」駅 徒歩3分、琴電「高松築港」駅 徒歩1分

駐車場

開園時間
ほぼ日の出から日没まで/無休
1月 7時00分~17時00分
2月 7時00分~17時30分
3月 6時30分~18時00分
4月 5時30分~18時30分
5月 5時30分~18時30分
6月 5時30分~19時00分
7月 5時30分~19時00分
8月 5時30分~19時00分
9月 5時30分~18時30分
10月 6時00分~17時30分
11月 6時30分~17時00分
12月 7時00分~17時00分

入園料
16歳以上 200円
6歳以上16歳未満 100円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-25 (月) 更新日 2020-05-06


玉藻公園 披雲閣庭園周辺の庭園

栗林公園
高松市 2.2km
栗林公園
屋島寺 雪の庭
高松市 5.5km
屋島寺 雪の庭
興願寺
高松市 12km
興願寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




香川県の人気夜景スポット