世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

東林寺庭園

とうりんじていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
徳島県美馬市
  • 東林寺山門

    三段落としの龍門瀑をもつ枯山水

    枯山水
    庭園面積 70坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

東林寺庭園の由来

東林寺は室町時代(1522)に創建した浄土宗の寺院である。庭園もほぼ同時期で室町時代末期とされる。昭和49年(1974)に市指定名勝を受ける。






  • 東林寺庭園

    事前電話を行い訪問した東林寺庭園。法事の時は説明対応は頂けないが、庭園自体は自由見学できるようになっている。近年、枯滝石組周辺の植栽を伐採したことにより、石組がよく分かるようになっていた。

  • 虎伏山を借景とする枯山水

    かつては池泉庭園であったが、現在は涸れており、虎伏山を借景とする枯山水になっている。池泉の石組がしっかりと残っているが、文献によると構成に改修されたものとのこと。

  • 龍門瀑形式

    阿波学会研究紀要論文によると、三段落としの龍門瀑形式と記されている。龍門瀑とは、ひたすら修行を繰り返すという禅の理念を石組で表したものであり、その始まりは京都の天龍寺 曹源池庭園とされる。ただ東林寺庭園では、一部崩れていたり、改変されており雑然としている。

  • 龍門瀑形式の枯滝石組

    龍門瀑形式の枯滝石組を正面から撮影。

  • 枯滝石組の上

    まずは枯滝石組の上段。頂部は山並みを表現するような石を建てており、美しさが残っている。

  • 枯滝石組の中段

    枯滝石組の中段を撮影するが一部が崩れている。龍門瀑には鯉が滝登りしているような石を備えていのが定石である。画面中央の石が鯉魚石なのだろうか、文献などを読むがはっきりとは分からなかった。

  • 枯滝石組の下段

    枯滝石組の下部は、比較的改変を受けていないように見受けられる。

  • 枯滝石組

    石組が一部改変されているとのことだが、それでも力強く見事な枯滝石組だ。

  • は亀島

    中島は亀島となっており、お寺の方に伺うと、かつては水が張られていたとのこと。亀島には石橋を架け4ヶ所に橋添石が置かれている。

  • 亀頭石

    石橋の奥には亀頭石(画面中央)がみえる。

  • 鶴出島

    護岸石組は力強く、明らかに江戸時代以前の力強さを感じさせてくれる。ちなみに美馬市公式サイトには「池の部分は鶴島・亀島を配し」と記載があるが、池泉には中島は1つのみで鶴島は見当たらない。もしかしたら写真左手の出島が鶴出島だろうか。

  • 予約なしでも見学は自由にできる

    事前に訪問予約を行ったため丁寧に解説いただいたが、予約なしでも見学は自由にできるようだ。


総評
一部改変されてはいるが、3段落としの龍門瀑を観賞できる。
×特に見当たらない。


アクセス
徳島県美馬市脇町大字脇町1210
徳島道・脇町ICより車で8分

駐車場
有り(無料)

開園時間
日中

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-11-20 (土) 更新日 2022-01-29

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は室町時代末期です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


東林寺庭園周辺の庭園

吉田家住宅
美馬市 0.5km
吉田家住宅
本楽寺
美馬市 5.4km
本楽寺
願勝寺
美馬市 9.7km
願勝寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




徳島県の人気夜景スポット