世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

ほまれ酒造 雲嶺庵

ほまれしゅぞう うんれいあん
美しさ ★★
静寂さ ★★
福島県喜多方市
  • 雲嶺庵

    滝石組の仕掛けに驚く

    池泉庭園
    庭園面積 1,300坪 (大規模)
    室内からも庭園を眺められる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

ほまれ酒造 雲嶺庵の由来

ほまれ酒造は昭和24年(1918)に創設され、翌年に昭和25年に雲嶺庵に造園開始。数十年かけて現在の庭園となった。






  • ほまれ酒造

    創業100年を越える酒造メーカー「ほまれ酒造」では、直売所や酒造見学のほかに日本庭園「雲嶺庵」を自由に散策できる。なお、1枚目の庭園入口は分かりにくく、駐車場から導かれる「ほまれ酒造」の看板がある入口から入るのが一般的だろう。本記事最後にその入口の写真を掲載。

  • 池泉回遊式庭園

    細長い池泉を中心として苑路が作られた池泉回遊式庭園となっている。

  • 磐梯山

    写真奥には磐梯山(ばんだいさん)の山並みが顔を覗かせる。そして、この庭園で注目したいのが写真左の滝石組である。

  • 滝石組

    焦点距離70mm(35mmm換算)で撮影すると、徐々に手前に迫ってくるような滝石組になっている。ただ、別角度から眺めると、、、、

  • 道路で分断

    なんと、道路で分断されている!!

  • 滝石組

    道で分断された奥にある滝石組を撮影。何段にも落とされた滝で、滝を二分する巨石により、豪壮な雰囲気を醸し出している。

  • 滝石組

    そして、改めて手前から撮影。奥にある滝が道路の先にある滝であり、池泉の手前から眺めると繋がっているようにみえる。雲嶺庵でもっと美しい構図であり、そして優れた仕掛けだ。

  • 沢飛石

    池泉は2段になっており、沢飛石の苑路で回遊できる。

  • 休憩スペース

    休憩スペースから雲嶺庵を眺める。

  • 直売所

    直売所では様々な日本酒が販売されている。

  • 雲嶺庵へアクセスしやすい入り口

    こちらが雲嶺庵へアクセスしやすい入り口である。どなたでも自由に立ち寄れるのが嬉しい。


総評
道路を隔てた先にある滝がひとつに庭園のようにみえる構成が面白い。
×庭園南部は、やや手入れが追いついていなかった。


アクセス
福島県喜多方市松山町村松字常盤町2706
磐越道・会津若松IC 車で約40分、JR「磐越西線喜多方」駅 タクシー 約10分

駐車場
無料(地図のピンを置いている場所の西側に巨大駐車場あり) 周辺のコインパーキングを地図から探す

開園時間
午前9時~午後4時30分

休館日:年末年始

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-02 (土) 更新日 2020-03-29


ほまれ酒造 雲嶺庵周辺の庭園

甲斐本家蔵座敷
喜多方市 2.1km
甲斐本家蔵座敷
旧滝沢本陣
会津若松市 21km
旧滝沢本陣
可月亭庭園美術館
会津若松市 22km
可月亭庭園美術館

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




福島県の人気夜景スポット