世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)

さたみふねしていえん(ちらんぶけやしき)
美しさ ★★
静寂さ ★★
鹿児島県南九州市

佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)の由来

知覧武家屋敷庭園のひとつ「佐多美舟邸庭園」は江戸中期(1751-1764)に作庭された。美舟家は、知覧の領主の流れをくむ家柄で、江戸時代は知覧における最高の役所を担う家のひとつだった。






  • 中門

    1枚目の正門は、高い屋根の左右に一段低く小さな屋根が付いていた格式の高い門構えである。そして本写真の中門も、正門を簡略化したデザインになっている。

  • 知覧武家屋敷庭園の7つのなかで最も広い庭園

    知覧武家屋敷庭園の7つのなかで最も広い庭園。庭園北東部に蓬莱山石組と枯滝石組。佐多直忠邸庭園も同じ組み合わせであるが、こちらは植栽が多く石組が判別しにくい。

  • 蓬莱山と枯滝石組

    蓬莱山と枯滝石組に近づいて撮影。石組にも刈込みがあり、かつ白砂に浮かぶ岩島が刈込みに囲まれている。パンフレットと比較すると、刈込みが成長していることから、当初はもっと小さく石組主体の庭だったと推測できる。蓬莱山:不老不死の妙薬があるとされる山

  • 蓬莱山と枯滝石組

    蓬莱山と枯滝石組。このサイズで撮影してようやく石を積み重ねて枯滝石組が造られていることがわかる。

  • 岩島がサツキの刈込みに包み込まれている

    大海に見立てた白砂に浮かぶ岩島がサツキの刈込みに包み込まれている。また、なぜだか石灯籠にコインが積まれている。


総評
石を積み重ねた枯滝石組に迫力を感じさせる。
×刈込みが成長しすぎて石組の存在を弱めている。


アクセス
鹿児島県南九州市知覧町郡6289
鹿児島中央駅より県道19号線・20号線・南薩縦貫道路経由で約50分、もしくは指宿スカイライン知覧ICから約15分

駐車場
あり(森重堅邸庭園近くに無料駐車場)

開園時間
午前9時~午後5時
年中無休

入園料
全7ヶ所の庭園を巡れる共通券
大人 530円
小中学生 320円
森重堅邸庭園や、武家屋敷庭園散策路で販売しています。

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-02-10 (月) 更新日 2020-03-01


佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)周辺の庭園

佐多民子邸庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.0km
佐多民子邸庭園(知覧武家屋敷)
佐多直忠邸庭園(知覧武家屋敷)
 0.1km
佐多直忠邸庭園(知覧武家屋敷)
平山亮一邸庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.2km
平山亮一邸庭園(知覧武家屋敷)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




鹿児島県の人気夜景スポット