世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

掬翠園

きくすいえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
栃木県鹿沼市
  • 掬翠園 入り口

    北関東では貴重な枯山水

    枯山水 露地(茶庭)
    庭園面積 500坪 (中規模)
    特筆事項 掬翠園もみじのライトアップ
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

掬翠園の由来

掬翠園は明治末期から大正初期にかけて造園。松華園、村山晃南荘と並ぶ鹿沼の三名園と言われたなかで現存する唯一の庭園である。






  • コンパクトな庭園

    鹿沼市には古峯神社に古峯園という広大な庭園があるが、こちらはコンパクトではあるが、歴史はこちらの方がある。

  • 北関東では数少ない枯山水庭園

    北関東では数少ない枯山水庭園。丸石を敷き詰め池泉に見立て、飛び石で苑路が敷かれ、池泉には岩島を据えている。

  • 枯流れ

    池泉より一段深く掘られた枯流れには、石橋が架けられている。

  • 井戸

    井戸の周りには同心円状に二重の石が並べられている。

  • 腰掛待合

    露地門の先には、客人が主人の迎えを待つ腰掛待合がある。ということは、掬翠園は枯山水でもあり、露地(ろじ)でもある。露地:茶室に付随する茶庭。

  • 枯流れは露地まで繋がっている

    枯流れは露地まで繋がっている。

  • 茶室「観涛居(かんとうきょ)」

    右手には、有料の貸出施設となる茶室「観涛居(かんとうきょ)」があり、茶室からは枯流れの枯山水を望める。

  • 渓谷のような迫力

    枯流れは巨石による護岸石組で、渓谷のような迫力を感じさせる。

  • 渓谷のような枯流れ

    渓谷のような枯流れには、前半で紹介した石橋が架けられている。

  • 「寄せ石敷き」の延段

    切石と自然石をミックスした「寄せ石敷き」の延段。さらに説明すると、切石のみで構成された延段を「真」、自然石のみを「草」、ミックスしたのを「行」と表現する。これは書道の「楷書(真書)」「草書」「行書」に習うものであり、写真の延段は「行の延段」と言い表せる。

  • 5分とかからない小さな庭園

    再び入り口に戻ってくる。ゆっくり散策しても5分とかからない小さな庭園である。


総評
北関東では数少ない枯山水庭園を愉しめる。また、ここに車を停めて周辺の町散策することもでき、ちょっとした観光の拠点にできる。
×特に見当たらない。


アクセス
栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1
東武日光線新鹿沼駅から徒歩約15分/JR鹿沼駅から徒歩約20分/鹿沼ICから車で約20分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時
休館日 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-04-21 (日) 更新日 2019-05-05


掬翠園周辺の庭園

栃木県中央公園 日本庭園
宇都宮市 13km
栃木県中央公園 日本庭園
松屋敷
日光市 26km
松屋敷
古峯神社 古峯園
鹿沼市 27km
古峯神社 古峯園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




栃木県の人気夜景スポット