世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

古峯神社 古峯園

ふるみねじんじゃ こほうえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
栃木県鹿沼市

古峯神社 古峯園の由来

標高700mの地点に「日光発祥の地」とも呼ばれている古峯神社がある。創建は奈良時代であり、神庭として「古峯園」が昭和52年(1977)に作庭された。近年は天狗御朱印としても有名。






  • 回遊式池泉庭園の古峯園

    鹿沼ICから車で45分と山深い場所にある回遊式池泉庭園の古峯園。栃木県は名園が少ないエリアであるが、ここには昭和に作庭された比較的近年のものではあるが、十分に見応えのある庭園だ。

  • 山並みに囲まれたロケーションを最大に活かした借景

    山並みに囲まれたロケーションを最大に活かした借景が、古峯園の魅力のひとつ。

  • 洲浜と亀島

    池泉の水を美しく魅せる技法である洲浜(すはま)越しには、亀の形をかたどった亀島が造られている。

  • 立派な松が植樹された亀島、その奥には滝

    立派な松が植樹された亀島、その奥には滝がみえる。

  • 焦点距離200mmの望遠レンズで滝石組を撮影

    焦点距離200mmの望遠レンズで滝石組を撮影してみる。この画角が古峯園で最も美しいと感じる。右手に亀島の亀尾石(きびいし)、左手に護岸石組により入江のような景観を演出し、奥に配した滝石組の存在感を高めている。

  • 「静峯亭」にて額縁庭園を撮影

    休憩所「静峯亭」にて額縁庭園を撮影。大変眺めのよい東屋であり、こちらでは珈琲を注文できる。

  • 龍門瀑

    苑路を散策して滝に近づく。こちらは「峯の滝」と呼ばれる多段落としの滝石組である。また▲マークの少し斜めに力強く置かれた石が、鯉が滝を登っているように見立てた鯉魚石(りぎょせき)となる。つまり、この滝石組は鯉が滝を登るという修行を繰り返すという禅の理念を石組で表した「龍門瀑(りゅうもんばく)」である。詳しくは龍門瀑の代表格である天龍寺 曹源池庭園(京都)を参照してほしい。

  • 翠滴

    「峯の滝」から坂を登っていくと、茶室「翠滴」がみえてくる。

  • 寄せ石敷き

    茶室「翠滴」前にある敷石は、切石と自然石をミックスした「寄せ石敷き」となっている。さらに説明すると、切石のみで構成された延段を「真」、自然石のみを「草」、ミックスしたのを「行」と表現する。これは書道の「楷書(真書)」「草書」「行書」に習うものであり、写真の延段は「行の延段」と言い表せる。

  • 蹲居(つくばい)

    「寄せ石敷き」の先には、水を流している石造りの手水鉢(ちょうずばち)がある。手水鉢は、隣接する茶室へ向かう際など、身を清めるため造られることが多い。A、B、Cの石の表面は平であり、これには役割がある。Aは手燭石(夜の茶会で使う手燭(てしょく)という明かりを置く石)、Bは湯桶石(茶室で使う湯桶を置く石)、そして両手が空いた状態でCに本人が立ち手を清める。この4石をまとめて蹲居(つくばい)と呼ぶ。

  • 石垣の上から亀島を見下ろす

    石垣の上から亀島を見下ろす。左側にある巨石が亀の頭である亀頭石となる。

  • 臥龍石組

    苑路沿いの護岸石組に見えてみたが、上から眺めると龍に見立てた臥龍石組(がりゅう)となっている。青線が臥龍石組であり、左側の突き出た巨石が龍頭石(りゅうずいし)、サツキの刈り込みを胴体として右端が龍尾石(りゅうびいし)となる。サツキの刈り込みの下にある石組に一つおきに凹凸が付けられているのも興味深いところである。臥龍石組と近いものであれば、大阪の慶沢園でもみられる。

  • 亀島

    最後に亀島を撮影。ここから眺めると亀脚石(ききゃくせき)もはっきりと認識できる。紅葉時期は鮮やかな庭園を愉しめるようで、季節を変えて訪れてみたいものだ。なお今回は4月20日に訪問したが、桜はまだ満開前だった。満開はGW時期だろうか。


総評
借景を活かした雄大な池泉庭園。また池泉越しにみる滝石組の龍門瀑は特に美しい。
×特に見当たらない。


アクセス
栃木県鹿沼市草久3027
東北道・鹿沼ICから車で約45分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時(冬期は午後4時まで)

入園料
大人300円
小人200円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-04-20 (日) 更新日 2019-04-21


古峯神社 古峯園周辺の庭園

日光田母沢御用邸記念公園
日光市 13km
日光田母沢御用邸記念公園
輪王寺 逍遥園
日光市 14km
輪王寺 逍遥園
松屋敷
日光市 14km
松屋敷

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




栃木県の人気夜景スポット