世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

吉泉庭・悠泉庭(東雲公園)

きちせんてい・ゆせんてい(しののめこうえん)
美しさ ★★
静寂さ ★★
大阪府泉大津市
  • 吉泉庭・悠泉庭

    重森三玲の庭園を移築保存

    枯山水
    庭園面積 200坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

吉泉庭・悠泉庭(東雲公園)の由来

泉大津市役所に隣接した東雲公園に昭和58年(1983)に作庭された庭園に、平成24年(2012)に泉大津市政70周年記念事業として、重森三玲(しげもりみれい)作庭の旧有吉邸の「吉泉庭」を移築。さらに同敷地に新たに「悠泉庭」を新規に作庭。






  • 吉泉庭

    泉大津市役所に隣接する公園に、モダンな庭園造りで知られる日本庭園史の研究家・重森三玲(しげもりみれい)作庭の移築庭園がある。この移築に尽力したのが京都の庭園デザイナー・福原成雄氏によるものであり、福原氏によって移築された。

  • 吉泉庭

    移築前の旧有吉邸にあった「吉泉庭」は昭和39年(1964)に作庭されたものであり、重森三玲68歳のときの作品となる。重森三玲独特の大胆な立石組が目線を惹きつけ、奥の三尊石は蓬莱山を兼ねている。

  • 吉泉庭

    三尊石組も随所にみられる。白砂で表現された枯流れには舟石を据え、不老不死の妙薬を先ほどの蓬莱山へ目指す入舟を表現している。

  • 吉泉庭

    州浜模様の延段が広がり、重森三玲の庭園には多く見られる意匠である。他には三重県菰野町の菰野横山邸園で同様に州浜模様の延段が見られる。

  • 悠泉庭

    こちらは新たに作られた悠泉庭。重森三玲をリスペクトしてか石を積極的に立てている。

  • 悠泉庭

    こちらの枯山水は、眺めるだけの庭では無く、子供達が入り込み遊べる雄大な山々を表した枯山水庭園としているとのこと。確かに別の写真では、子供が石に登ったりして遊んでいる姿がみられた。こういった日本庭園は少なく良い試みだと感じた。

  • 当初からの日本庭園

    当初からあった庭園は巨石にて枯流れを作っている。

  • 当初からの日本庭園

    枯滝石組は大振りで庭園というよりかは、遊び場という空間といえようか。


総評
重森三玲らしさを感じとれる枯山水を身近に感じられる。
×元からあった日本庭園とのギャップが少々ある。


アクセス
大阪府泉大津市東雲町9
南海電鉄「泉大津」駅から徒歩3分

駐車場
有り(初めの1時間無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-12-29 (日) 更新日 2020-01-05


吉泉庭・悠泉庭(東雲公園)周辺の庭園

大仙公園 日本庭園
堺市堺区 9.9km
大仙公園 日本庭園
金剛寺
河内長野市 16km
金剛寺
慶沢園
大阪市天王寺区 20km
慶沢園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




大阪府の人気夜景スポット