世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

ちそう菰野(横山家庭園)

ちそうこもの(よこやまけていえん)
美しさ ★★★
静寂さ ★★
三重郡菰野町
  • ちそう菰野

    三重県で唯一となる重森三玲による庭園

    枯山水
    庭園面積 180坪 (小規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

ちそう菰野(横山家庭園)の由来

モダンな庭園造りで知られる日本庭園史の研究家・重森三玲(しげもり みれい)によって、昭和43年(1968)に作庭された横山家庭園。平成29年(2017)に、邸宅を完全予約制レストランとしてオープンし一般公開される。






  • ちそう菰野からの枯山水

    三重県で唯一となる重森三玲による庭園。土・日・月のみの完全予約制レストランで、席に着く前に主人より庭園の解説があります。

  • 心字型の苔地割

    主庭は心字型の苔地割の上に、蓬莱式の石組が造られている。日本庭園には草書「心」の字をかたどった「心字池(しんじいけ)」がよく見られるが、重森三玲は枯山水に心字形の苔山を造った。ちなみに、「心字池」は一般的に草書の「心」であるため、かなり崩した字体であり「心」という字に見えないものが多い。

  • 蓬莱山に向かって旅立つ石として舟石を据えている

    蓬莱山形式の主庭には、蓬莱山に向かって旅立つ石として舟石を据えている。写真手前の石が舟石であり、心の旅を表現しているとのこと。

  • 舟石

    舟石を別角度から眺める。古代中国ににおける想像上の神山「蓬莱山」には、不老不死の薬があると信じられ、その蓬莱山に向かう舟石を「入り舟」とも呼ぶ。ちなみに京都の重森三玲庭園美術館 無字庵庭園では、入り舟と戻り舟の両方の舟石を見学できる。

  • 蓬莱山

    天を突いたような立石が蓬莱山とのこと。

  • 日本庭園の要素がぎっしり

    主庭東部は苔島、三尊石組、そして飛び石など日本庭園の要素がぎっしり詰まっている。

  • 汀も曲線を多用

    苔山は十分な厚みがあり、汀も曲線を多用した意匠である。

  • 「紅白の庭」と呼ばれる裏庭

    「紅白の庭」と呼ばれる裏庭は、主庭と同じ時期に作庭された。重森三玲が横山家に電車で訪れたときの車窓からの田園風景を紅白に表したとのこと。廊下が電車内であり、斜めのしきりにより風景が動いているようにみえたことを表現している。

  • 明暗を庭に表現

    白い白川石、赤い天狗石、延べ段に敷き詰められた青石小判、そして苔で明暗を庭に表現している。

  • 軒下から州浜模様の延べ段が広がり

    軒下から州浜模様の延べ段が広がり、重森三玲の庭園には多く見られる意匠である。

  • 主庭と裏庭の両方を眺められる

    レストランは木で統一されたテーブルとイスで、主庭と裏庭の両方を眺められる。

  • 座席は指定制

    座席は指定制で、私が座った席からは、裏庭をよく見える座席であった。予約時に座席をリクエストできる可能性もあるだろう。

  • ランチは4,000円、4,500円、6,500円のコース

    私はランチは4,000円、4,500円、6,500円のコースがあり、それぞれメインが魚、お肉、両方となっている。地元の素材をふんだんに活かした料理でこだわりを感じさせる。

  • 誰が見ても美しいと感じる和モダンな庭園。三重県で美しい庭を眺めたければ、まずはこちらを訪れてみよう。ちなみに、「現代和風庭園に生きる(著者 重森三玲)」の表紙は、こちらの庭園が使われている。


総評
白砂に複雑な曲線を描く苔山の組み合わせが美しく、重森三玲の魅力が分かりやすく詰まった庭園である。
×レストラン予約でしか見学できないため気軽には訪問できない。


アクセス
三重県三重郡菰野町大字菰野2657
近鉄「中菰野」駅より徒歩7分/新東名・菰野ICより約6分

駐車場
あり(無料)

開園時間
事前予約制レストラン
昼 11:00-15:00 / 夜 18:00-21:00

営業日は土、日、月曜日のみ

入園料
レストラン料金は公式サイトで確認ください。

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-05-19 (日) 更新日 2019-06-01


ちそう菰野(横山家庭園)周辺の庭園

諸戸氏庭園
桑名市 22km
諸戸氏庭園
六華苑
桑名市 22km
六華苑
桑名七里の渡し公園
桑名市 22km
桑名七里の渡し公園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




三重県の人気夜景スポット