世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

明石城 武蔵の庭園

あかしじょう むさしのていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
兵庫県明石市
  • 明石公園

    二刀流 宮本武蔵が造った庭園

    池泉庭園
    庭園面積 400坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

明石城 武蔵の庭園の由来

大正7年(1918)に明石公園が開園し、江戸時代初期の剣術家・宮本武蔵が作庭したとされる樹木屋敷(庭園、茶屋などの総称)を、NHK「武蔵」の放送に合わせて平成15年(2003)に整備して「武蔵の庭園」として公開された。






  • 宮本武蔵が作庭した庭園

    明石の庭園を巡ったときに、二刀流の宮本武蔵が作庭家でもあったことを初めて知った。宮本武蔵の出生地は兵庫県と岡山県の説があり、明石では都市計画に従事していた。そのようなこともあり、武蔵は明石城の庭園以外に円珠院本松寺に庭園を残している。

  • 橋添石

    中島には青石で両側から橋を架け、橋添石も4ヶ所に据えている。橋添石には橋に安定感と躍動感を与える役割があり、滝添石がないと、石橋が浮いたような印象で、またいつかは沈んでいくようなイメージも与えてしまう。また、中島は亀島になっており、左端の斜めに組んだ石が亀頭石となる。

  • 亀頭石

    亀頭石を撮影。亀頭石の角度によって時代が分かることもあり、桃山時代には写真のように傾斜角度が強くなった「強角度斜石手法」がみられることが多い。出典「古庭園の観賞と作庭手法 著:吉田徳治」

  • 橋添石

    反対側の石橋は橋添石が2石となるが、立石を使うことで橋に力強さを生み出している。

  • 大滝(雄滝)

    大滝(雄滝)は巨石を用いているもののやや大味な造形である。

  • 大滝(雄滝)

    頂部には遠山石であり庭に奥行き感を生み出している。また写真下部の石は流れ落ちた滝を左右に分ける水分石だろう。

  • 小滝(雌滝)

    宮本武蔵の庭園には2つの滝石組が造られることが多く、こちらでも小滝(雌滝)がある。

  • 小滝(雌滝)

    小滝(雌滝)は写真左の青マーカーの部分であり、案内板もあるが案内板側からは小滝は見えない。対岸に回り込んで赤矢印の方向をみると、正面に先ほどの小滝がみえるのである。見落としがちなポイントであるので注意が必要だ。

  • プラウドタワー明石

    滝頂部に登ることができるので庭園全景を撮影。巨大なマンションは明石駅に隣接したプラ34階建てのプラウドタワー明石だ。


総評
亀島に見立てた中島の護岸石組と、中島を繋ぐ石橋が豪壮で美しい。
×時期的なものかもしれないが、池泉(乙女池)が金魚藻で覆われてしまっている。


アクセス
兵庫県明石市明石公園1番27号
JR「明石」駅 徒歩3分

駐車場

開園時間
常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-12-09 (水) 更新日 2021-01-16


明石城 武蔵の庭園周辺の庭園

妙見社
明石市 0.8km
妙見社
本松寺
明石市 0.8km
本松寺
円珠院
明石市 1.2km
円珠院

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




兵庫県の人気夜景スポット