世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

平山克己邸庭園(知覧武家屋敷)

ひらやまかつみていていえん(ちらんぶけやしき)
美しさ ★★
静寂さ ★★
鹿児島県南九州市

平山克己邸庭園(知覧武家屋敷)の由来

知覧武家屋敷庭園のひとつ「平山克己邸庭園」は江戸中期(1764-1771)に作庭された。平山家は、知覧領主が大隅の佐多の地を領していた時から苦楽を共にした文武に秀でた家柄とのこと。






  • 平山克己邸庭園

    母ヶ岳を借景にしつつ、生垣奥には築山風の大刈込みがファーストインプレションとなった平山克己邸庭園。

  • 山水画を思わせるような石組

    築山風の大刈込みには、山水画を思わせるような石組となる枯滝石組がある。山水画を思わせる庭園としては知覧では、佐多直忠邸庭園がある。そして次に注目したいのが写真左にある石灯篭が載った横長の石。

  • 亀頭石?

    角度を変えて撮影すると。亀の頭のような石(亀頭石)である。亀石組にもみえるが、このように考えると、この石には石灯籠がないほうが美しいと思う。

  • 岩島を取囲むような刈込み

    知覧では、白砂に浮かぶ岩島を取囲むような刈込みがよくみられる。知覧麓庭園の特徴ともいえるだろう。

  • 岩島と刈込みで構成

    庭園入口近くを撮影。岩島と刈込みで構成され、左奥には手水鉢がみえる。近づいて撮影すると、

  • 手水鉢

    このような意匠の手水鉢であり、一般的にみる形状と異なる。

  • 刈込み主体の造形

    庭園中央部は刈込み主体の造形となっている。冬期であり刈り込みが紫となっているが、このような庭園は新緑が美しい時期に訪れないと本来の美しさは感じとれないのかもしれない。


総評
山水画を思わせるような石組で組まれた枯滝石組が力強い。
×特に見当たらない。


アクセス
鹿児島県南九州市知覧町郡6163
鹿児島中央駅より県道19号線・20号線・南薩縦貫道路経由で約50分、もしくは指宿スカイライン知覧ICから約15分

駐車場
あり(森重堅邸庭園近くに無料駐車場)

開園時間
午前9時~午後5時
年中無休

入園料
全7ヶ所の庭園を巡れる共通券
大人 530円
小中学生 320円
森重堅邸庭園や、武家屋敷庭園散策路で販売しています。

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-02-10 (月) 更新日 2020-03-01


平山克己邸庭園(知覧武家屋敷)周辺の庭園

西郷恵一朗氏庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.0km
西郷恵一朗氏庭園(知覧武家屋敷)
平山亮一邸庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.1km
平山亮一邸庭園(知覧武家屋敷)
佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.3km
佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示



鹿児島県の人気夜景スポット