世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

芙蓉園(旧白毫院庭園)

ふようえん(きゅうびゃくごういんていえん)
美しさ ★★
静寂さ ★★★
滋賀県大津市

芙蓉園(旧白毫院庭園)の由来

延暦寺の僧侶の隠居所でもある里坊のひとつである白毫院。庭園は江戸初期(1658~1660)に白毫院が建築された当時に作庭された。明治初期に料亭・芙蓉園の所有となる。






  • 旧白毫院庭園(きゅうびゃくごういんていえん)

    芙蓉園は料亭名であり、国指定名勝の庭園は「旧白毫院庭園(きゅうびゃくごういんていえん)」と呼ぶ。個人ブログなどでは食事した方のみが拝観できるとあったが、訪問時は「洞窟・庭園 有料見学 300円」と看板があった。紅葉時期のみの配慮であろうか。また看板には園内撮影禁止と記載されていたが、これは受付前の敷地内での無断撮影禁止のことであり、食事もしくは有料見学者は自由に撮影できるとのこと。

  • 石橋

    手入れが行き届いていない感じもありますが、出島から伸びる石橋付近には鋭い意匠がみられ、旧白毫院庭園で一番の見どころだろう。

  • 沢渡の形式

    薄くて折れそうな華奢な石橋が美しく、沢渡の形式にしている。

  • 池泉回遊式庭園

    池泉を取り囲むように苑路が作られた池泉回遊式庭園である。

  • 自然木の滝

    池泉西部には滝があるが、自然木で作られているようにみられる。

  • 桂離宮の天橋立に類似?

    出島と石橋を望む。園内の解説によれば、「やや細く長く作られていく南東部に栗石を敷いた出島があり、桂離宮の天橋立に対する栗石の浜を小さくした扱いがあり共通点した点がある。」と記載されていた。少し強引な解説にも思うが、石橋と出島の意匠が美しいのは事実である。

  • 洞穴

    富士山を模った築山に掘られた洞穴。この洞穴も江戸初期に作られたもので、飢饉を救うために多くの飢人を雇って築いたものである。また、築山にはスケールの大きな枯滝石組もあったが、見忘れてしまった。残念・・・

  • 豊臣秀頼の息子が逃げる抜け穴として撮影された洞穴

    2011年の映画「プリンセストヨトミ(堤真一、綾瀬はるか)」で、豊臣秀頼の息子が逃げる抜け穴として撮影された洞穴でもある。


総評
室町から安土桃山時代を感じさせる出島と石橋の意匠が美しい。
×全体的にやや荒廃している感がある。植栽の整備により本来の美しさが蘇るだろう。


アクセス
滋賀県大津市坂本4丁目5番17号
京阪石坂線「坂本比叡山口」駅から徒歩10分

駐車場

開園時間
ランチ営業 午前11時~午後3時
夜の部は完全予約制

入園料
庭園・洞窟見学料 300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-28 (木) 更新日 2020-01-04


芙蓉園(旧白毫院庭園)周辺の庭園

旧竹林院
大津市 0.1km
旧竹林院
滋賀院門跡
大津市 0.2km
滋賀院門跡
西教寺
大津市 1.2km
西教寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




滋賀県の人気夜景スポット