世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

玉川寺庭園

ぎょくせんじていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
山形県鶴岡市
  • 玉川寺庭園の山門

    静かなる空間から額縁庭園を愉しむ

    池泉庭園 / 国指定名勝
    庭園面積 500坪 (中規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

玉川寺庭園の由来

鎌倉時代に開山された玉川寺。室町時代に再興され現在にいたる。玉川寺は全国でも珍しい九輪草(クリンソウ)の純群落があり「九輪草の寺」とも呼ばれる。玉川寺庭園は室町時代に作庭が始まり、江戸時代に改修されたものである。昭和62年(1987)に国指定名勝を受ける。






  • 書院から額縁庭園を愉しむ

    庭園巡りを開始して約1年。山形初となる庭園訪問は、国指定名勝の玉川寺庭園。小雨降る空模様であるが、玉川寺は書院や本堂から眺める庭園がメインのため、雨でも愉しめる。

  • 池泉回遊式庭園

    庭園を18mm(焦点距離35mm換算)の超広角レンズで捕らえる。飛び石が張り巡らされ石組を主体とした庭園である。庭園に降りて回遊することもできるが、室内から眺めるのが最も美しい。

  • 目線を低くしてみる

    目線を低くしてみる。

  • W額縁庭園

    本堂からはW額縁庭園(2方向の額縁庭園)が愉しめる。朱色の毛氈(もうせん)がアクセントとなり美しさが極まる。観賞点は、中心の柱が重なるようにみえる場所だろ。(毛氈:フェルト生地の敷物)

  • 本堂横の座敷から左手に本堂を望む

    本堂横の座敷から左手に本堂を望む。このようなアングルで眺めるのも美しい。

  • 開山堂からの眺め

    玉川寺は本堂から新開山堂へは渡り廊下で繋がり2階にある。そのため新開山堂からは、庭園と本堂座敷を見下ろせる。なんとなく宿場町にある茶屋のように見えるのが面白い。

  • 渡り廊下から庭園を眺める。

    本堂に戻り、渡り廊下から庭園を眺める。

  • 本堂を超広角レンズ(18mm)で撮影

    本堂を超広角レンズ(18mm)で撮影する。金曜日の朝イチで訪れていることもあり、庭園を独り占めできた。

  • 紫陽花が生けられている

    お洒落な花瓶に紫陽花が生けられている。

  • 山門から玉川寺に繋がる敷石

    山門から玉川寺に繋がる敷石を眺めると、

  • 黒石と苔が絶妙に美しい

    敷石の両サイドに黒石が敷き詰められていることに気づく。雨に濡れ艶やかな黒石と苔が絶妙に美しい。


総評
石組が豊かな池泉回遊庭園を書院、本堂、本堂横の3ヶ所から額縁庭園を愉しめる。
×池泉の入り江奥に滝があるが、書院や本堂からは見えなず、滝の音も聞こえないは少々残念。


アクセス
山形県鶴岡市羽黒町玉川35
鶴岡駅より羽黒山頂行きバスで大鳥居下車 徒歩15分
山形自動車道庄内あさひIC 車で約15分

駐車場
あり(無料30台)

開園時間
4月~10月:午前9時~午後5時
11月~3月:午前9時~午後4時

入園料
大人 400円
小中学生 200円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-07-13 (日) 更新日 2018-07-22


玉川寺庭園周辺の庭園

酒井氏庭園
鶴岡市 13km
酒井氏庭園
井岡寺
鶴岡市 16km
井岡寺
總光寺「蓬莱園」
酒田市 17km
總光寺「蓬莱園」

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




山形県の人気夜景スポット