世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

法華寺

ほっけじ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
奈良県奈良市

法華寺の由来

法華寺は、聖武天皇の皇后である光明皇后ゆかりの門跡尼寺で創建は奈良時代(745)となる。門跡(もんぜき)とは住職が皇室や公家によって受け継がれてきた寺院で、皇后ゆかりのため門跡尼寺となる。毎年4月~6月上旬に特別公開される庭園は江戸初期に作庭されたもので、2001年に国指定名勝を受ける。






  • 池泉回遊式庭園

    毎年4月~6月上旬に特別公開される庭園。500坪の池泉回遊式庭園であるが、苑路は往路は同じとなるのは少々残念である。池泉の東西を山形の土橋によって別れており、この土橋が庭園の主景とも感じ取れる。

  • 主庭から眺め

    主庭から眺め。池泉には花菖蒲があるが、シーズン終わりのため花は少ない。

  • 枯滝を表す立石

    奥には石組がみられるが、植栽が豊かでその存在が分かりにくい。解説によると枯滝を表す立石があるとのことだが、その存在は僅かに確認できる程度である。この枯滝から流れる谷川の様子を造っており、その上に石橋を架けている。

  • 飛び石

    山形の土橋には飛び石が続いている。

  • 出島

    池泉南部には出島を設けている。

  • 護摩堂

    平成16年に造られた護摩堂は池泉の上に立てられており、こちらは花菖蒲が咲き誇っていた。また常時拝観可能な華楽園は、日本庭園としての見どころがなかったため本記事では割愛した。


総評
山形の土橋へ続く飛石が徐々に減衰しており遠近感を生み出している。
×枯滝周辺の植栽が豊かで石組が観賞しにくくなっている。


アクセス
奈良県奈良市法華寺町882
近鉄「大和西大寺」駅 JR奈良駅行バス10分「法華寺前」下車 徒歩3分

駐車場

開園時間
午前9時~午後5時

4月~6月上旬のみ名勝庭園を見学可

入園料
名勝庭園+華楽園 500円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-06-05 (金) 更新日 2020-08-08


法華寺周辺の庭園

東院庭園
奈良市 0.4km
東院庭園
平城京左京三条二坊 宮跡庭園
奈良市 0.9km
平城京左京三条二坊 宮跡庭園
吉城園
奈良市 3.6km
吉城園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




奈良県の人気夜景スポット