世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

宝光寺

ほうこうじ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
香川県東かがわ市
  • 宝光寺 入口

    6段落としの枯滝石組

    池泉庭園
    庭園面積 70坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

宝光寺の由来

宝光寺は平安時代(980年頃)に開基された曹洞宗の寺院。江戸末期に作庭された庭園は、日本庭園研究会にて調査も行われ、平成30年(2018)には県指定名勝を受ける。






  • 池泉観賞式庭園

    裏山の斜面を活かした地割りに300個を越える石を並べ、まるで棚田のような池泉観賞式庭園。

  • 池泉観賞式庭園

    書院に沿って細長く穿った池泉は、手前と奥で護岸石組の造形が異なる。手前は下部にコンクリートを利用して、おそらく直線部はかつては曲線を描いていたが、本堂建築にあたって補修されたのだろう。

  • 2段の護岸石組

    奥側の護岸石組は2段に組まれ力強い。階段状の石にいくつかある立石は観音様に見立てているとのこと。

  • 六段落としの枯滝石組

    特徴は六段落としの枯滝石組である。6つの水落石(みずおちいし)は、まるで階段のようにもみえ、枯滝石組は青マーカを引いている。また奥にある赤マーカの立石は遠山を抽象的に表現して遠山石だろう。水落石:滝水が落ちる部分に配置された石

  • 遠山石

    書院からは滝頂部と遠山石は接近していようにみえるが、実は結構離れている。

  • 枯滝石組

    枯滝石組は緩やかな傾斜である。

  • 枯滝石組

    上から眺めるとと、棚田に枯滝石組が造れらたような意匠である。


総評
棚田のような石庭に、6段の落としの枯滝石組が造られているユニークな意匠が面白い。
×特に見当たらない。


アクセス
香川県東かがわ市東山1200
高松道・白鳥大内IC 約15分

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-26 (火) 更新日 2021-06-27

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は江戸末期です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


宝光寺周辺の庭園

志度寺 無染庭
さぬき市 23km
志度寺 無染庭
旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)
徳島市 27km
旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)
阿波十郎兵衛屋敷 鶴亀の庭
徳島市 29km
阿波十郎兵衛屋敷 鶴亀の庭

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




香川県の人気夜景スポット