世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

五十公野御茶屋

いじみのおちゃや
美しさ ★★
静寂さ ★★★
新潟県新発田市
  • 公園入り口

    茶寮から出島の鶴亀を見つけてみよう

    池泉庭園 / 国指定名勝
    庭園面積 1,700坪 (大規模)
    室内からも庭園を眺められる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

五十公野御茶屋の由来

新発田(しばた)藩の藩主・溝口家の別邸。遠州流の茶人・縣宗知(あがたそうち)を招いて庭園を作庭し、別邸を茶寮とした。茶寮は平成11年(1999年)に復元修理され、平成15年(2003)に清水園と五十公野茶屋をあわせて国指定名勝を受ける。また、五十公野茶屋のある公園・奉先堂公園(ほうせんどう)は日本の歴史公園100選でもある。






  • 茶寮前から五十公野御茶屋庭園を望む

    国指定名勝にして無料開放された全国的にも珍しい五十公野御茶屋庭園。正面にみえる島は出島であり、鶴亀島となっている。

  • 出島の鶴亀

    出島をズームアップしてみる。写真につけた赤色の▲マークが亀の足、出島の松が鶴を表現している。と、ボランティアの方に教わった。確かにそう見える。

  • 五十公野御茶屋の縁側から

    五十公野御茶屋の縁側から池泉庭園の鶴亀を模した出島を眺める

  • 五十公野御茶屋の額縁庭園

    五十公野御茶屋は開放されていて座敷から額縁庭園を撮影できる。この日はコスプレ撮影を行っており、国指定名勝で自由にこのような撮影ができるのは、そうそうないだろう。

  • 僅かな隙間から庭園を望む

    僅かな隙間から庭園を望む。

  • 正面にみえるのが五十公野御茶屋

    出島を反対から眺めると、亀の足にあたる石が見あたらない・・・ 正面にみえるのが五十公野御茶屋

  • 旧県知事公舎記念館

    五十公野茶屋のある公園・奉先堂公園(ほうせんどう)には、旧県知事公舎記念館がある。こちらは有料施設である。

  • 旧県知事公舎記念館から額縁庭園

    入館してみると係の方が館内をひととおり説明してくれる、そして、このような毛氈が敷かれた空間から額縁庭園が撮影できる。

  • 旧県知事公舎記念館

    広角で撮影してみる。

  • ふかふかのソファー

    びっくりするほど、ふかふかのソファーがある。勢いよく座るとかなり沈むので驚く。この日はお茶をサービスしていただいた。ふかふかソファーで居眠りしたい・・・

  • 旧県知事公舎記念館

    30分ほどお邪魔したが、訪問者は自分だけだった。本当にのんびりした空間で心地よい。


総評
茶寮と旧県知事公舎記念館の2ヶ所から庭園を眺められる環境が面白い。また国指定名勝にして無料開放された茶寮はうらやましい。
×出島の鶴亀以外は庭園の見所が正直ほとんどない。


アクセス
新潟県新発田市五十公野字熊ノ沢4926
JR新発田駅 バスで約10分。新潟駅から車で約40分

駐車場
有り(無料)

開園時間
■五十公野御茶屋
 午前9時~午後4時30分
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月1日~3月31日

■旧県知事公舎記念館
 午前9時~午後4時30分
 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日が休み)

入園料
■五十公野御茶屋
 無料

■旧県知事公舎記念館入館料
 大人 200円
 小中高校生 無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-07-14 (日) 更新日 2018-08-19


五十公野御茶屋周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




新潟県の人気夜景スポット