世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

一茶双樹記念館

いっさそうじゅきねんかん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
千葉県流山市
  • 一茶双樹記念館

    書院から枯山水を観賞

    枯山水
    庭園面積 70坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

一茶双樹記念館の由来

江戸を代表する俳人・小林一茶が、流山の醸造家・秋元三左衛門(俳号:双樹)へ50回以上も訪れて句会を開いた。この秋元家の家屋・庭園を整備して、一茶双樹記念館として平成7年(1995)に開館。






  • 「おくのま」から撮影した額縁庭園

    千葉県で書院から枯山水を楽しめる唯一の施設。3つの書院があり、写真は「おくのま」から撮影した額縁庭園である。こちらでは抹茶を頂け、無料駐車場があり、ドライブでの休憩スポットとしても重宝するだろう。

  • 白砂には飛石が縦横にクロス

    白砂には飛石が縦横にクロスしている。京都の書院から眺める枯山水で飛石が配置されることは少なく、これほどまでに飛石を設けている白砂敷きは珍しいだろう。

  • 枯池

    飛石の先には水の無い池「枯池」となっており、三尊石組や蓬莱石のような石組がなく平面的である。ゆえに白砂敷きに飛石がないと単調になり、このような意匠になっているのだろうか。

  • 石橋

    枯地には石橋と、石を大胆に組んだ石組井戸もみられる。

  • 石組井戸

    石組井戸に向かって枯池にも飛石を置き、沢飛石を演出している。

  • 枯池から双樹亭を望む

    枯池から双樹亭を望む。

  • 3つの書院を一度に眺める

    手前から「おちゃのま」「なかのま」「おくのま」と3つの書院を一度に眺める。

  • 付属院による障子の窓

    「おくのま」には付属院による障子の窓があり、なんとも落ち着いた空間になっている。

  • 切り絵

    近くにある「杜のアトリエ黎明」で切り絵の展示があったので立ち寄ると。一茶双樹記念館の作品があった。素晴らしい作品ですね。


総評
書院から枯山水を楽しめる千葉県で貴重な庭園スポットである。
×特に見当たらない。


アクセス
千葉県流山市流山6丁目670-1
首都高・三郷ICより約18分、流鉄流山線「平和台」駅より徒歩8分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後4時50分

休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

入園料
一般 110円
小中学生 55円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-07-31 (金) 更新日 2020-08-01


一茶双樹記念館周辺の庭園

柏の葉公園 日本庭園
柏市 7.1km
柏の葉公園 日本庭園
戸定邸庭園
松戸市 8.0km
戸定邸庭園
東渕江庭園
足立区 9.5km
東渕江庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




千葉県の人気夜景スポット