世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

関興寺

かんこうじ
美しさ ★★
静寂さ ★★
新潟県南魚沼市
  • 関興寺 本堂

    眺める場所によって表情の変わる枯山水

    池泉庭園 枯山水
    庭園面積 500坪 (中規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

関興寺の由来

臨済宗円覚寺派の寺院である関興寺は、室町時代(1410)に関興庵として開基。江戸時代(1751)に関興寺と改められた。現在の庭園(枯山水・滝石組)は15年程前 (2005年頃)に作庭されたとのこと。また、関興寺は味噌で有名で「関興寺の味噌なめたか」という言葉が語り継がれる。これは「関興寺にお参りして有難い味噌を頂きましたか?」の問いかけの言葉として伝わったものである。






  • 本堂

    魚沼エリアで本格的な枯山水が見られる貴重な寺院。本堂南庭はかつては白砂敷きであったが、15年ほど前に巨石による石庭「臥龍の庭」が造られた。

  • 石庭「臥龍の庭」

    岩を龍に見立て、龍が寝ている姿を現している。やや斜めに据えた立石は気勢を感じる。気勢とは、石の形や大きさや模様などからくる勢い(パワー)のことで、石を見たときに感じる見えない線となって空中にでているようなもの。

  • 石庭「臥龍の庭」

    真横から眺めると、先ほどまったく様子が変わり、垂直に立てられた立石となる。眺める角度によって表情が変わる石は、鑑賞者を楽しませる名石だと思う。

  • 石庭「臥龍の庭」

    苔島に横石、臥石を組んだ存在感ある石組だ。

  • 石庭「臥龍の庭」

    先ほどの苔島には飛石を渡した大胆な意匠である。

  • 石庭「臥龍の庭」

    本堂内以外は無料で自由に見学できるようになっている。続いて、拝観料を納めて本堂から「臥龍の庭」を撮影。シンボルとなる中島は5石で組まれている。

  • 石庭「臥龍の庭」

    角度を少し変えて撮影すると、先ほど同様に石の表情が変わるのが興味深く、不思議な錯覚に陥る。

  • 石庭「臥龍の庭」

    苔島の曲線が美しい。

  • 石庭「臥龍の庭」

    別角度から撮影すると、このようになっており、先ほど写真と比べるとまったく違う様子であり、中央の中島が巨石に隠れてみえない。「臥龍の庭」は巨石による死角や、眺める場所の高さの違いなどにより、枯山水の様子が変わっていく。

  • 昇龍の滝

    本堂に上がると観賞できる「昇龍の滝」。こちらも「臥龍の庭」と同時期に造られたものである。

  • 昇龍の滝

    山畔の地形を活かしたところに滝石組を造った池泉観賞式庭園である。

  • 昇龍の滝

    滝石組は落差が10mほどあり、何段にも落とされている。

  • 池泉庭園

    本堂に向かう前にも池泉庭園があり、周辺は苔で覆われており、池泉には2石の岩島を配している。

  • 池泉庭園

    護岸石組は池泉の広さに相対した巨石が使われ、バランスが取れており美しい。


総評
見る場所によって表情を変えていく枯山水であり、石の配置が絶妙で考えられている。
×特に見当たらない。


アクセス
新潟県南魚沼市上野267
関越道・石打ICから約5分

駐車場

開園時間
午前9時~午後4時30分

休園日:法要・冬季は雪の状況により拝観不可

入園料
一般 300円
小学生以下 無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-07-24 (金) 更新日 2020-08-16


関興寺周辺の庭園

貞観園
柏崎市 32km
貞観園
静雅園
柏崎市 40km
静雅園
飯塚邸 秋幸苑
柏崎市 45km
飯塚邸 秋幸苑

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




新潟県の人気夜景スポット