世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

旧小幡藩武家屋敷 松浦氏屋敷

きゅうおばたはんぶけやしき まつうらしやしき
美しさ ★★
静寂さ ★★★
甘楽郡甘楽町
  • 旧小幡藩武家屋敷 松浦氏屋敷 入り口

    復元整備により借景が復活

    池泉庭園
    庭園面積 130坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

旧小幡藩武家屋敷 松浦氏屋敷の由来

この地区を治めていた小幡藩(おばたはん)中老を務めた松浦氏の屋敷であり、江戸時代の上級武士の屋敷構えを復元。庭園は江戸時代後期に造園されたと推測されている。






  • 主屋

    国指定名勝の楽山園から徒歩5~6分のところにある江戸時代の武家屋敷。平成29年(2017)に復原整備が完了したこともあり、古くも新しい屋敷である。

  • 池泉庭園

    修復前の庭園写真は奥の山並みがほぼ隠れるぐらいに木々が成長しており、池泉の形状も分かりにくく、うっそうとしていた。思い切った樹木の伐採により借景が浮かび上がり、開放感ある庭園となった。

  • 滝石組

    池泉東部には滝石組が作られ雄川堰の水が流れ落ちる。頂部には山形の遠山にもみえる石を据えている。また滝下には水を左右にわける水分石を置いている。

  • 五葉松

    庭園でひときわ目立つ五葉松。舟形に枝が伸びた実に不思議な枝ぶりである。この五葉松は修復前から存在していた松である。

  • 額縁庭園

    座敷から額縁庭園を撮影。無料開放され自由に主屋に立ち入れ、のんびりと寛げるのがうれしい。


総評
復元整備により借景がよみがえり、広くない庭園ながらも雄大さを感じられる。
×特に見当たらない。


アクセス
群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡183
上信越自動車道 富岡ICより約10分

駐車場
有り(甘楽総合公園駐車場 無料開放)

開園時間
3月~10月  午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
11月~2月  午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-03-21 (土) 更新日 2020-10-22


旧小幡藩武家屋敷 松浦氏屋敷周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




群馬県の人気夜景スポット