世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
世界遺産

網師園

もうしえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
中国蘇州市
  • 網師園 入り口

    邸宅と庭園が両方公開された唯一の蘇州庭園

    池泉庭園 / 世界遺産
    庭園面積 1,500坪 (大規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

網師園の由来

網師園は南宋時代(1127年 - 1279年)の私家庭園。後に荒廃したが、清の時代に政府高官が退職して1765年頃に再整備して造った私家庭園が現在の網師園。世界遺産にも登録されている。






  • 網師園

    蘇州の9つの世界遺産に登録されている古典庭園のひとつ。邸宅と庭園が両方公開されている唯一の庭園である。

  • 黄石で組まれた築山

    長方形型の黄石で組まれた築山。中国では凹凸のある太湖石による築山が多いが、黄石によるもの少なく、大きなところとしては耦園(ぐうえん)がある。

  • 月到風来亭と濯纓水閣

    曲がり橋越しに月到風来亭、濯纓水閣、黄石の築山を望む。

  • 太湖石による石組

    中国庭園で重宝される太湖石による石組。

  • 太湖石

    太湖石を積み上げている。

  • 白壁に囲まれた中庭

    白壁に囲まれた中庭。白壁の両側には後述する洞門(どうもん)と呼ばれる門があり、洞門をくぐると違う世界の庭園がお目見えするという仕掛けになっていることが多い。

  • 洞門

    洞門(どうもん)越しに黄石の築山を眺める。中国庭園では庭園と庭園を繋ぐ出入り口の役割であるが、こちらでは額縁庭園の役割も果たしている。


総評
池泉を取り囲むように回廊と苑路が作られ、程進める度に見える光景が変わるように工夫されている。
×池泉の形状がやや単調に感じた。日本庭園のような出島や中島のようなものが欲しい。


アクセス
中国江蘇省蘇州市姑蘇区帯城橋路闊家頭巷11号
蘇州地下鉄1号線「臨頓路」駅 約1.4km

駐車場
なし

開園時間
午前7時30分~午後5時

入園料
30-40元

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-06-07 (金) 更新日 2020-04-24


網師園周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示