世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

那谷寺 庫裏庭園

なたでら くりていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
石川県小松市
  • 那谷寺 庫裏庭園

    加賀藩の作庭奉行による枯山水

    枯山水 / 国指定名勝
    庭園面積 200坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

那谷寺 庫裏庭園の由来

那谷寺は奈良時代初期(717)に泰澄法師(たいちょうほうし)が創建した伝えられる高野山真言宗の別格本山である。巨大な岩山に多くの洞窟が空けられた奇岩遊仙境が有名で国指定名勝に登録されている。山門付近には庫裏庭園と琉美園があり、本記事では国指定名勝庭園である庫裏庭園を紹介。庫裏庭園は、加賀藩3代藩主・前田利常(としつね)が本殿、書院、庭園などを造らせた。庭園は徳川家康に仕えた大名でもあり、千利休に師事した茶人としても知られる庭園デザイナー・小堀遠州のもと、加賀藩の作庭奉行・分部卜斉(わけべぼくさい)によるものである。






  • 国指定の重要文化財 書院

    那谷寺の特別拝観エリアには、国指定名勝の庫裏庭園と、足立美術館の庭園を作庭したことで知られる中根金作による琉美園(りゅうびえん)がある。本記事では国指定名勝の庫裏庭園について紹介する。まずは国指定の重要文化財である書院に入室。この書院は加賀藩3代藩主・前田利常が那谷寺の再建指揮の拠点として武家書院造りとして江戸初期(1635)に建立。

  • 飛石主体の枯山水

    庭園は書院北側、庫裏の東側に面しており、飛石本位の枯山水になっている。

  • 飛石本位の庭に枯山水を配置

    飛石本位の庭に三尊石を配置するのは、江戸時代初期の好みとされているようで、やや分かりにくいがシイの巨木付近に三尊石がある。

  • 庫裏庭園 図解

    分かりやすいように赤色でマーカをする。「名園の見どころ 著:河原武敏」によると中尊石と右脇侍石(きょうじせき)は隣接しているが、左脇侍石は横石を用いて離した位置に組まれているのは、小堀遠州の弟子でもある賢庭の手法と似ているとのこと。

  • 三尊石と灯篭

    飛石は池泉に向かって伸びていき、その途中に別の三尊石と灯篭がある。

  • 台座石

    三尊石の手前には低い台座石を配している。

  • 野夜灯(やどう)に類似

    自然石を組み合わせた石灯籠は、津軽地方にみられる大石武学流庭園の野夜灯(やどう)に類似している。大石武学流庭園の代表格は国指定名勝の盛美園(青森県平川市)が挙げられる。

  • 庫裏を撮影

    書院越しに庫裏を撮影。庫裏の奥には茶室「如是庵(にょぜあん)」があるが、庭園に立ち入れないため、外観を確認することはできない。

  • 蹲踞(つくばい)

    唯一確認できるのが、茶室近くにもうけられた蹲踞(つくばい)だけである。


総評
金沢城や小松城の作庭にも携わった加賀藩の作庭奉行・分部卜斉(わけべぼくさい)による枯山水を、那谷寺のなかでも比較的落ち着いた環境で、座ってのんびりと観賞できる。
×石組も少なく、古庭園としての要素が少ないため、石川県最古であるものの国指定名勝庭園としてはもの足らない。


アクセス
石川県小松市那谷町ユ122
JR「粟津」駅よりタクシーで約10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時15分~午後4時

閉門日:特別拝観エリアは冬期積雪寺閉鎖

入園料
大人 800円(600円+特別拝観200円)
小学生 500円(300円+特別拝観200円)

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-07-23 (金) 更新日 2021-08-29

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は江戸前期です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
はい。充分に楽しめます。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


那谷寺 庫裏庭園周辺の庭園

那谷寺 琉美園
 0.1km
那谷寺 琉美園
苔の里
小松市 5.3km
苔の里
蘇梁館
加賀市 12km
蘇梁館

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




石川県の人気夜景スポット