世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

南惣美術館

なんそうびじゅつかん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
石川県輪島市
  • 南惣美術館

    米蔵の白壁をバックにした枯山水

    枯山水
    庭園面積 70坪 (小規模)
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

南惣美術館の由来

南惣家はかつての奧能登大野村の江戸幕府直轄の村長(いわゆる天領庄屋)であった。南惣家は美術、茶道を好み美術品を収集しており、その米蔵を改装して昭和46年(1971)に美術館を開館。美術館に併設された中庭には枯山水を設けており、風合いから美術館開館時期に作庭されたものと推測。また母屋、米蔵(美術館)が平成18年3に登録有形文化財に登録される。






  • 枯山水

    米蔵を美術館にした南惣美術館。その米蔵に隣接したところに中庭として枯山水を設けている。庇の柱により書院から額縁庭園を眺めているような感覚に陥る。

  • 枯流れ

    築山に沿って枯流れを設けている。石は同種の青石を利用しており、風合いの良いものである。

  • 米蔵の重厚な黒の扉と白壁のコントラスト

    美術館として利用している米蔵の重厚な黒の扉と白壁のコントラストが美しく、枯山水と調和がとれている。

  • 切石の石橋

    枯流れには切石の石橋を架け、護岸は出島を作っている。苔がやや荒れているのは獣害の被害だという。

  • 築山は横長

    横長の築山で、このような形状をした築山は初めてみるものだ。どのような意図のもとに作庭されたのか気になるところだ。

  • 美術館の所蔵品

    美術館の所蔵品は雪舟や狩野探幽の絵画、後鳥羽天皇や千利休や小堀遠州の書と非常に貴重なものが多い。

  • 雪舟の水墨

    雪舟の水墨。

  • 舞鶴の松

    樹齢400年の舞鶴の松、松の麓には海石。この海石は亀の形をしており、松は鶴の羽を広げたような松で鶴亀の庭となっているのが面白い。


総評
登録有形文化財に登録された米蔵の白壁が、枯山水の品格を高めている。
×特に見当たらない。


アクセス
石川県輪島市町野町東大野ク-100
和倉温泉より車で約1時間。金沢から車で約2時間。

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時

入園料
大人 700円
小中学生 400円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2022-11-12 (土) 更新日 2022-11-28

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は昭和です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
はい。充分に楽しめます。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


南惣美術館周辺の庭園

時国家(本家 上時国家)
輪島市 1.5km
時国家(本家 上時国家)
道の駅 桜峠
能登町 14km
道の駅 桜峠
青林寺
七尾市 43km
青林寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示



石川県の人気夜景スポット