世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

如宝寺 隈上苑

にょうほうじ くまがみえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
福島県郡山市
  • 如宝寺 山門

    枯滝石組に水が流れているにみえる

    池泉庭園
    庭園面積 180坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

如宝寺 隈上苑の由来

創建は平安時代(802)と伝わる真言宗寺院の如宝寺(如寳寺)。敷地内には日本庭園・隈上苑が作られている。お寺の方にお伺いしたところ昭和の末には庭園が既にあったとのことなので、作庭時期は昭和とした。






  • 隈上苑

    日本庭園のある「麓山の杜」から徒歩5-6分の距離に、平安時代に創建されたと伝わる寺院に池泉回遊式庭園「隈上苑」がある。

  • 中島

    池泉には中島が作られ、両側に石橋をかけ直線状に配置している。奥の石垣上に如宝寺の伽藍があり、駐車場もそちらにある。

  • 石橋と枯滝石組

    それほど広くない隈上苑で一見すると見どころが少ないようにみえるが、そのような時にはフレームを絞って観察していくと面白い。例えば、私が注目したのはこの構図だ。ずっしりとした石橋の奥に滝石組を眺める。

  • 滝水が伝う水落石

    滝石組は水が涸れていない枯滝石組。滝水が伝う水落石(みずおちいし)は青石を使うことで水の流れを表現している。

  • 滝水が伝う水落石

    枯滝石組は2段で上段の写真。こちらも水落石に青石をつかい、両側には滝添石を据えている。

  • 枯滝石組

    先ほどの滝石組の右側にも、もうひとつ枯滝石組を作っている。少々わかりにくいの赤マーカーで滝を記している。

  • 枯滝石組から池泉を見下ろす

    枯滝石組から池泉を見下ろす。中島の両側に石橋を架けて直線配列になっている。

  • 橋添石と池中立石が美しい

    そして最後にお気に入りの構図で締めくくる。橋添石と池中立石が美しい。


総評
枯滝石組の水落石に青石を使うことで水の流れを表現している。
×築山に刈込みが多い茂っていることで枯滝石組の存在を弱めている。


アクセス
福島県郡山市堂前町4-24
JR「郡山」駅 徒歩約15分、JR「郡山」駅から麓山経由バス約5分「如宝寺」下車徒歩すぐ

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-09-15 (日) 更新日 2020-05-03


如宝寺 隈上苑周辺の庭園

麓山の杜
郡山市 0.6km
麓山の杜
翠楽苑
白河市 36km
翠楽苑
南湖公園
白河市 36km
南湖公園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示



福島県の人気夜景スポット