世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

嚶鳴庵 聚楽園公園

おうめいあん しゅうらくえんこうえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
愛知県東海市
  • 嚶鳴庵

    二重露地を楽しめる茶室

    露地(茶庭)
    庭園面積 2,200坪 (大規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

嚶鳴庵 聚楽園公園の由来

大正5年(1916)に料理旅館「聚楽園」の敷地に、昭和2年に聚楽園大仏が建築された。平成3年に料理旅館が取り壊され、跡地に茶室「嚶鳴庵(おうめいあん)」が平成8年(1996)に建築された。聚楽園公園と福祉センターを含めて「しあわせ村」と呼ばれている。






  • 内露地

    googleマップで東海市の地図をみていたときに見つけた庭園。茶室のある露地。まずは露地門を潜って、内露地から見学することに。

  • 内露地

    平成8年に作庭された庭園であるが、程よく枯れており風合いが良い。

  • 内露地

    腰掛待合に毛氈を敷いているのは、実は珍しい。これは茶室の広間ではなく、コロナ禍で屋外でお茶を楽しみたいという人がいるため、このようにしているとのこと。

  • 内露地 蹲踞

    蹲踞も風合いがあり、おそらく平成に造られたものではなく、もっと昔のものを持ってきたのだろう。側面4面には仏像が彫られている。

  • 外露地

    露地は二重露地になっており、内露地から外露地へ向かう。

  • 外露地

    まるで枯山水のような外露地だ。自然石による飛石と切石による延段の組み合わせ。

  • 外露地

    枯流れのような意匠になっている。

  • 外露地

    内露地ほど枯れてはいないが、コンパクトに纏まっており美しい。

  • 外露地 枯池

    枯池には山形の石を2つ並べ岩島をイメージしているのだろうか。

  • 茶室「嚶鳴庵」

    見学後は茶室「嚶鳴庵」で休憩。

  • 茶室「嚶鳴庵」

    聚楽園公園には2ヶ所の無料駐車場があり、東側にある駐車場からだと徒歩2分ほどでアプローチできる。


総評
二重露地を楽しめ、特に内露地は枯れていて風合いが良い。
×特に見当たらない。


アクセス
愛知県東海市名和町砂崎
名鉄「聚楽園」駅 徒歩8分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前10時~午後4時

休園:月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)、年末年始

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2022-08-20 (土) 更新日 2022-09-03

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は平成(1996年)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
室内からも庭園を楽しめますが、庭園を満喫するには屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
あります。


嚶鳴庵 聚楽園公園周辺の庭園

白鳥庭園
 8.8km
白鳥庭園
興正寺 竹翠亭
名古屋市昭和区 12km
興正寺 竹翠亭
名古屋城 三の丸庭園
名古屋市中区 15km
名古屋城 三の丸庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




愛知県の人気夜景スポット