世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

龍泉寺

りゅうせんじ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
名古屋市守山区
  • 多宝塔と本堂

    枯山水と城と展望台を楽しめる境内

    枯山水
    庭園面積 80坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

龍泉寺の由来

龍泉寺は平安時代に最澄によって開基された天台宗の寺院である。境内には織田信長の弟である信行が信長と戦をしたときに築城した龍泉寺城が、昭和39年に現在地に復元されている。お寺の方に伺うと、龍泉寺城に隣接した枯山水も復元当時に作庭されたとのこと。






  • 日曜日と祝日のみ開園されている枯山水。有料エリアには枯山水、博物館になっている龍泉寺城(天守閣には登れません)、展望台があります。

  • 本堂をバックにした枯山水

    本堂をバックにした枯山水。白砂には1石、2石、3石の石組がみられるが、私には意図が理解できなかった。

  • 三尊石

    入口付近から眺めると三尊石もみられる。

  • 露地のような空間

    枯山水に隣接したところに露地のような空間が作られている。枯流れから枯池に導かれるような造りになっている。

  • 枯池

    枯池はこのようになっている。石灯籠前に陶器の置物がない方が良いと感じる。

  • 池泉には岩島を配している

    枯流れの反対側は池泉に繋がっており、池泉には岩島を配している。

  • 露地風の空間から枯山水を望と、奥には復元された龍泉寺城がみえる。

  • 展望台

    こちらは展望台。

  • 展望台

    展望台からは王子製紙工場を中心として小牧方面、遠くには岐阜の金華山まで見渡せます。このような立地に恵まれた場所が故に、龍泉寺城は「桶狭間の戦い」などで軍事施設として使われていたと伝わる。


総評
石垣のある龍泉寺城と露地に囲まれた空間に枯山水があり、すぐ近くには小牧方面を一望できる展望台と、コンパクトに楽しめる境内になっている。
×特に見当たらない。


アクセス
愛知県名古屋市守山区竜泉寺1丁目902
ゆとりーとライン・竜泉寺口 下車徒歩3分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後3時
※日曜・祝日のみ開園

入園料
100円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2022-08-21 (日) 更新日 2022-08-28

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は昭和(1964年)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


龍泉寺周辺の庭園

徳川園
名古屋市東区 7.2km
徳川園
興正寺 竹翠亭
名古屋市昭和区 9.5km
興正寺 竹翠亭
名古屋城 三の丸庭園
名古屋市中区 9.8km
名古屋城 三の丸庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




愛知県の人気夜景スポット