世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

櫻井家 岩浪庭園

さくらいけ がんろうていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
仁多郡奥出雲町
  • 櫻井家住宅

    藩主訪問歓迎のために作られた庭園

    池泉庭園
    庭園面積 150坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

櫻井家 岩浪庭園の由来

江戸時代に製鉄で財を成した豪族・櫻井家の屋敷に作られた日本庭園。大名茶人として知られる出雲松江藩の藩主・松平治郷(はるさと)の訪問にあわせて、江戸末期に日本庭園と屋敷に「上の間」を作った。松平治郷:隠居後は号(別名)の不昧(ふまい)と名乗る。






  • 櫻井家住宅 岩浪の庭

    藩主・松平治郷の訪問を歓迎するために作られた日本庭園であり、当時の権力の大きさを感じさせる。庭園は松平治郷(不昧公)により「岩浪の庭(がんろうのにわ)」と名付けられる。

  • 岩浪

    滝上部を撮影。150坪ほどの庭園にある滝石組としては最大級だろう。水路を掘って導水しているとのこと、また岩肌の石組は組んだのではなく掘り出したものだろうか。

  • 岩浪

    滝下部を撮影すると意図的に組んだ石とみられ、刈込み上部には山形の蓬莱石とみられる石を据えている。左手にある石灯籠は江戸時代末期らしく強さを感じないものだ。参考:日本庭園史の研究家・重森三玲(しげもり みれい)の調査によると、時代が古いほど強さを感じる石灯籠とのこと。

  • 出島風の意匠

    山畔から繋がる出島風の意匠になっている。モダンな庭園造りで知られる日本庭園史の研究家・重森三玲(みれい)の長男である重森完途(かんと)によると、出島と岩島は、江戸中期の池泉庭園でよく見られる亀出島と亀頭石が退化したものとのこと。(出典:茶の湯的 ・ 建築 庭園 町並み観賞録)

  • 煎茶席「菊掃亭(きくそうてい)」

    苔むした土橋が美しく、土橋の先には明治時代に作られた煎茶席「菊掃亭(きくそうてい)」がある。煎茶席とは、江戸中期以降に中国から持ち込まれ、抹茶に代わる新しい茶の飲み方。作法もかなり緩やかで、会話を楽しみながらお茶を楽しむスタイル。

  • 岩浪の庭

    上の間の内縁越しに「岩浪の庭(がんろうのにわ)」を眺める。

  • 美しい渓谷

    櫻井家から散策を歩いて東側へ1-2分ほど向かうと、美しい渓谷に出会う。

  • モミジ

    また渓谷を見下ろす広場には、ひときわ目立つモミジがある。木の幹まで紅葉で覆い被さっている。横から眺めれば、

  • モミジ

    なんと、このような構造になっている!

  • 出雲流庭園の特徴である飛石組手法

    再び櫻井家に戻り門をくぐり、ふと振り返ると延段の意匠に気づく。こちらは出雲流庭園の特徴である短冊石と丸石を組み合わす飛石組手法だろか。最も顕著な例は、同じく奥出雲にある絲原家庭園を参考にして欲しい。また一般的には、このような延べ段は切石と自然石がミックスした寄せ石敷きと呼ぶ。切石のみで構成された延段を「真」、自然石のみを「草」、ミックスしたのを「行」と表現する。これは書道の「楷書(真書)」「草書」「行書」に習うものであり、写真の延段は「行の延段」と言い表せる。


総評
雄大な滝石組に圧巻される。また周辺環境も素晴らしく渓谷まで散策したい。
×特に見当たらない。


アクセス
島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655
JR「出雲三成」駅から奥出雲交通バス内谷行きで24分、終点下車徒歩5分/松江道・雲南吉田ICから約25分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後4時30分
休業日: 月曜(祝日の場合は翌日休)、3月下旬~12月上旬

入園料
大人400円
高大生 300円
小中生 200円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-11-19 (日) 更新日 2019-06-29


櫻井家 岩浪庭園周辺の庭園

石照庭園
雲南市 12km
石照庭園
絲原家庭園(絲原家住宅)
仁多郡奥出雲町 13km
絲原家庭園(絲原家住宅)
旧ト蔵氏庭園
仁多郡奥出雲町 25km
旧ト蔵氏庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




島根県の人気夜景スポット