世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

柳之御所遺跡

やなぎのごしょいせき
美しさ ★★
静寂さ ★★★
西磐井郡平泉町
  • 柳之御所遺跡

    藤原家の政庁に作られた園地

    池泉庭園
    庭園面積 700坪 (中規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

柳之御所遺跡の由来

柳之御所遺跡は、平安時代末期に平泉を拠点に繁栄した豪族であるた奥州藤原氏の第3代当主・秀衡( ひでひら)が政治を行ったとされる場所と考えられている。平成22年(2010)から史跡公園として公開され、平成23年(2011)には世界遺産に登録される。






  • 柳之御所遺跡

    中尊寺や毛越寺を訪れる人は多いが、柳之御所遺跡を見学する人は少ない。平安時代に政治を行ったとされる平泉館(ひらいずみのたち)には園地が作られた。この園地は新旧2つの時期があり、復元されたのは新しい園地である。

  • 玉石を敷いた洲浜に

    美しい曲線をもつ池泉には、玉石を敷いた洲浜により池泉の水を美しく魅せている。園地の解説には写真中央の木の下付近に湧水石組があるとのことだが、撤去されているようで見当たらない。

  • 池泉には大きな中島が作られている

    池泉には大きな中島が作られている。また左手前の洲浜には護岸石組があるとの解説であるが、こちらも撤去されているようだ。

  • 玉石を敷いた出島が美しい

    玉石を敷いた出島が美しい。

  • 園地の解説図

    園地の解説図


総評
平安時代に作庭された美しい曲線をもつ池泉庭園。
×特に見当たらない。


アクセス
岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽108-1
JR「平泉」駅より徒歩7分

駐車場
徒歩1分のところにある道の駅「平泉」に駐車。

開園時間
4月~10月 午前9時~午後5時
11月~3月 午前9時~午後4時30分

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-09-13 (日) 更新日 2019-09-21


柳之御所遺跡周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




岩手県の人気夜景スポット