世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

森重堅邸庭園(知覧武家屋敷)

もりしげみつていていえん(ちらんぶけやしき)
美しさ ★★
静寂さ ★★
鹿児島県南九州市

森重堅邸庭園(知覧武家屋敷)の由来

知覧武家屋敷庭園のひとつ「森重堅邸庭園」は江戸中期(1741)に作庭された。知覧武家屋敷で唯一の池泉庭園である。






  • 森重堅邸庭園 入り口

    市営無料駐車場のすぐ近い場所にある森重堅邸庭園は、知覧武家屋敷で唯一の池泉庭園である。こちらでは、知覧武家屋敷にある7つの庭園を共通で巡れる券売所があるので、スタート地点として最適。ちなみにチケットはなんと知覧の庭園パンフレットだった。

  • 池泉庭園

    「凄い・・・」、門をくぐって思わず声が漏れた。コンパクトながら豪壮な雰囲気を漂わせており、このインパクトは大袈裟に表現すると京都の名園「大徳寺 大仙院書院庭園」に近いものだった。

  • 曲線に富んだ池

    曲線に富んだ池には奇岩怪石(きがんかいせき)を用いて近景の山や半島を表し、対岸には洞窟を表現した石組がある。

  • 滝石組

    巨石の間にある窪んだ領域には滝石組を造っている。

  • 蓬莱山と滝石組

    滝上部には蓬莱山、そして滝石組には薄くて割れそうな平石が舌のように飛び出ており、巨石と繊細さの対比が良い。そして手前の石は水を左右に分ける水分石だろうか。

  • 蓬莱山

    天を突くような鋭い蓬莱山。蓬莱山とは不老不死の妙薬があるとされる山である。蓬莱山の奥には美しい稜線をもつ大刈込みが控えている。そして蓬莱山の手前には三重塔がある。写真では2重にみえるが、別角度から眺めると三重になっている。

  • 洞窟石組

    石橋状の洞窟石組。洞窟の奥にみえる地層のような護岸壁や、2段構成になった刈込とその稜線も見逃せない。

  • 森重堅邸庭園

    この庭園に出会えただけで、知覧まで訪れた甲斐があったと思える。


総評
立体感と奥行きのあるコンパクトながら見応えある池泉庭園。池泉中央に大きな洞窟石組を組みながらも、違和感を与えていない造形が素晴らしい。
×特に見当たらない。


アクセス
鹿児島県南九州市知覧郡6354
鹿児島中央駅より県道19号線・20号線・南薩縦貫道路経由で約50分、もしくは指宿スカイライン知覧ICから約15分

駐車場
あり(森重堅邸庭園近くに無料駐車場) 周辺のコインパーキングを地図から探す

開園時間
午前9時~午後5時
年中無休

入園料
全7ヶ所の庭園を巡れる共通券
大人 530円
小中学生 320円
森重堅邸庭園や、武家屋敷庭園散策路で販売しています。

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-02-10 (月) 更新日 2020-02-24


森重堅邸庭園(知覧武家屋敷)周辺の庭園

佐多直忠邸庭園(知覧武家屋敷)
 0.3km
佐多直忠邸庭園(知覧武家屋敷)
佐多民子邸庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.3km
佐多民子邸庭園(知覧武家屋敷)
佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)
南九州市 0.3km
佐多美舟氏庭園(知覧武家屋敷)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




鹿児島県の人気夜景スポット