世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

旧伊藤伝右衛門氏庭園

きゅういとうでんえもんしていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
福岡県飯塚市

旧伊藤伝右衛門氏庭園の由来

筑豊の炭坑王・伊藤伝右衛門邸。後に歌人として知られる白蓮(びゃくれん)の嫁入り道具として持参した石灯篭をきっかけに、明治後期から昭和初期にかけて池泉庭園を造園。2011年に国の指定名勝を受ける。






  • 茅葺き屋根の四阿

    築山に建つ茅葺き屋根の四阿(あずまや)と邸宅。昭和ドラマで使われそうな重厚感ある邸宅に圧巻。

  • 枯流れ式枯山水

    大きな石で川の流れを表現した枯流れ(かれながれ)式枯山水がみられる。

  • 石で造られた太鼓橋

    石で造られた太鼓橋。

  • 本座敷から四阿をとらえる

    旧伊藤伝右衛門氏庭園は邸宅からの眺めに重きを置いて造られている。私のような額縁庭園好きには堪らない庭園だ。では、巡ってみよう。まずは本座敷から四阿(あずまや)をとらえる。

  • 本座敷から庭園を望む

    同じく本座敷から庭園を望む。うーん。気持ちイイ。縁側に寝転がって眺めたくなる。

  • 本座敷の広さが分かる1枚

    本座敷の広さが分かる1枚。日曜日に取材しているため閑散とはしていないが、混雑感もなく誰もいない空間での撮影もできる。

  • 東座敷から楽しむ「ダブル額縁庭園」

    東座敷から楽しむ「ダブル額縁庭園」(私の造語です)

  • 十字型の額縁庭園

    2階に上ってみよう。2階は妻・白蓮(びゃくれん)の居間となっている。障子の組み合わせより面白い「十字型の額縁庭園」を観られる。

  • 太鼓橋を見下ろす

    2階から太鼓橋を見下ろす。2階から額縁庭園を楽しめるのは全国的にも少なく貴重だ。

  • 2階の角部屋

    2階の角部屋。フラッシュを使わずに画像処理で室内を明るく表現。このようなときは、Adobe Lightroomで着物周辺を円形フィルタでシャドウハイライト処理させるのが有効。撮影時は低感度(ISO100~200)で、窓の外に露出を合わせて室内が真っ暗になるぐらいな撮影をしておくことがポイント。白飛びは画像処理で解決できないが、低感度での撮影では暗部の持ち上げは余裕があるからである。

  • 食堂から額縁庭園。

    再び1階に戻って食堂へ。ここでも額縁庭園が楽しめる。人も少なく額縁庭園の撮影練習には最高の場所だろう。

  • 庭園と邸宅と四阿

    気持ちいいので、もう一度庭園を散策してみる。芝生のグリーンと邸宅の漆黒の外壁がよくマッチする。

  • 庭園の案内図

    庭園の案内図があったので撮影してみました。噴水の案内もありましたが、取材寺は水は吹き出していませんでした。 [ 案内図を拡大する ]


総評
邸宅からの眺めを重視した庭園であり、あらゆる居間から額縁庭園を撮影できる。特に2階から庭園を眺められるのは貴重だろう。
×庭園の散策路が限られているのが勿体ない。様々な角度から庭を楽しみたい。


アクセス
福岡県飯塚市幸袋300番地
JR新飯塚駅バス停から「宮田」行きに乗車、「幸袋本町」バス停下車後 徒歩2分

駐車場
邸宅の西300mに巨大な無料専用駐車場あり。

開園時間
9:30~17:00(入館16:30まで)

入園料
高校生以上 300円
小・中学生 100円
※土曜日に限り高校生以下は無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2017-12-02 (日) 更新日 2018-06-25


旧伊藤伝右衛門氏庭園周辺の庭園

太宰府天満宮 浮殿庭園
太宰府市 23km
太宰府天満宮 浮殿庭園
楽水園
福岡市博多区 31km
楽水園
大濠公園 日本庭園
福岡市中央区 35km
大濠公園 日本庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




福岡県の人気夜景スポット