世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

隔林亭

かくりんてい
美しさ ★★
静寂さ ★★★
佐賀県佐賀市
  • 隔林亭

    池泉を眺めながら呈茶を楽しめる

    池泉庭園 露地(茶庭)
    庭園面積 2,000坪 (大規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

隔林亭の由来

隔林亭は佐賀藩主・鍋島直正(なおまさ)の別邸神野御茶屋にあった茶室であり、昭和35年(1960)に解体された。その後一枚の写真と古図をもとに、平成5年に神野公園に復元される。






  • 中島に造られた茶室

    中島に造られた茶室というのは、珍しいだろう。平成に復元したときに、このような立地になったのかと思ったが、古図を確認すると当初からこのような地割りであった。当時は中島に2ヶ所の橋を架けているが、現代では橋は1ヶ所となっている。

  • 露地門

    露地から露地門を撮影。

  • 腰掛け待合

    露地門を抜けると、主人の迎えを待つ腰掛け待合がある。茶室へ導かれる飛石を確認すると、途中で蹲踞(つくばい)があり、こちらで身を清めてから、にじり口から入室するという流れである。

  • 隔林亭の魅力は開放感ある池泉の風景。涼を感じながら呈茶を頂くこともできるのは嬉しい。

  • 浮かぶように造られている

    中島から池泉に向けて浮かぶように造られている。

  • 額縁庭園

    額縁庭園。

  • 茶室

    茶室を撮影。案内版を読むと、佐賀藩主・鍋島直正は政務の余暇を隔林亭で茶を楽しみ、誌作にいそしむと共に心を洗ったそうだ。

  • 額縁庭園

    ゴールデンウィーク期間中であったが、隔林亭は貸し切り状態の時間帯もあり、ゆっくりと額縁庭園の撮影を楽しめた。

  • 中島に架かる木橋

    木橋で中島へ渡り、露地門へと誘われる。駐車場も見学も無料であるため、気軽に訪れてみたい。


総評
隔林亭からは、池泉を借景にした開放感抜群の額縁庭園が眺められる。
×露地は一般的なものであり、見どころは少ない。


アクセス
佐賀県佐賀市神園4丁目1-3
JR「長崎」駅 タクシーで10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時(昼休み:土日を除く開館日の12時から13時)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日) 、年末年始

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-05-02 (日) 更新日 2022-02-19

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は平成(1993年)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
はい。充分に楽しめます。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
あります。


隔林亭周辺の庭園

旧古賀家
佐賀市 3.2km
旧古賀家
旧戸島家住宅
柳川市 17km
旧戸島家住宅
立花氏庭園 松濤園(松涛園)
柳川市 18km
立花氏庭園 松濤園(松涛園)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




佐賀県の人気夜景スポット