世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

観音院庭園

かんのんいん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
鳥取県鳥取市
  • 観音院庭園

    借景から繋がる山畔と池泉の美しい庭園

    池泉庭園 / 国指定名勝
    庭園面積 300坪 (小規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

観音院庭園の由来

江戸初期に開創した観音院は、同じ時期に作庭された池泉鑑賞式日本庭園がある。昭和12年(1937)に国指定名勝を受ける。






  • 書院から雄大な額縁庭園を愉しめる

    かつては鳥取市の観光スポットといえば砂丘ぐらいしか思いつかなかったが、江戸時代に作庭された美しい日本庭園が点在している。観音院庭園では、山畔を活かした地形に池泉を造り、書院から雄大な額縁庭園を愉しめる。

  • 庭園から山並みへの連続性は美しく見事な借景

    当日は生憎の天候であったが、それでも庭園から山並みへの連続性は美しく見事な借景といえよう。また、池泉手前の護岸石組は高さが揃えられ整然としている。

  • 観音院庭園の要素を図解

    ここから見える観音院庭園の要素を図解してみた。正面に小振りな枯滝石組、手前には長円形の低い島を浮かべ亀島をなっている。それと相対するように造られた出島として石が組まれたところが鶴島となるようだ。また、詳しくは後述するが夜泊石(よどまりいし)らしき意匠もみられる。

  • 築山は植栽を最小限とした芝生地

    枯滝石組と亀島のあたりを撮影。築山は植栽を最小限とした芝生地であることが、庭園の美しさを引き立たせていると考える。

  • 二石、二石、一石の二群一石の三組の石を据えている

    正面の築山を眺めると、中央上部に左から二石、二石、一石の二群一石の三組の石を据えている。特に芝生と苔の境目にある一石がプラミッドのような目を惹く意匠である。

  • 絶妙なバランスで組まれた石灯籠

    出島を望遠撮影すると、絶妙なバランスで組まれた石灯籠がみつかる。

  • 夜泊石

    庭園内も回遊できるようなので、池泉北部から撮影すると、亀島から4石の石がほぼ直線上に並んでいるのがわかる。これが夜泊石と思われるもので、蓬莱へ向かう集団船(宝舟ともいう)が、夜のうちに船溜まりに停泊している姿を抽象的に表現しており、代表的なものとしては鹿苑寺庭園(金閣寺)宗隣寺 龍心庭(山口県)が挙げられる。

  • 築山に登って池泉を撮影

    築山に登って池泉を撮影してみる。正面にみえる建物が書院であり、書院から庭園を眺める池泉観賞式庭園である。

  • 築山から枯滝石組を覗き込む

    築山から枯滝石組を覗き込むと、石組の様子がよく分かる。また滝と池泉の接点には立石があり、これは水流を左右に分ける水分石(みずわけいし)と呼ばれ、室町時代以降にみられる。

  • 枯滝石組

    望遠レンズで枯滝石組を撮影。先ほどの上部からの写真とあわせると、どのような形状であるかがよく分かる。

  • 水路のような流れ

    庭園西部から水路のような流れが造られている。かつては水が流れていたのだろうか。

  • 書院

    書院は横長であり、ワイドに広がる庭園をみるのに適した空間である。

  • 抹茶とお菓子付きで拝観料は550円とリーズナブル

    抹茶とお菓子付きで拝観料は550円とリーズナブル。庭園も見事で鳥取市に訪れたら、ぜひ立ち寄ってみたい庭園のひとつである。


総評
音声解説付きで庭園を理解しやすい。また石組は弱いものの、山畔と池泉の美しさは見事である。
×特に見当たらない。


アクセス
鳥取県鳥取市上町162
JR鳥取駅から車で約10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時

入園料
抹茶とお菓子付きの拝観料
 一般 550円
 高校生以下 350円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-11-17 (日) 更新日 2019-06-16


観音院庭園周辺の庭園

芳心寺
鳥取市 0.5km
芳心寺
興禅寺
鳥取市 0.8km
興禅寺
鳥取県庁舎庭園
鳥取市 0.9km
鳥取県庁舎庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




鳥取県の人気夜景スポット